スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画撮影について

メイポ動画作成の流れは、たぶん以下のようになります。
    動画作成
  1. ゲームプレイ画面をキャプチャー(撮影)する
  2. 編集する(音楽、タイトル、並べ替え、もろもろ)
  3. ネットワーク上で皆が見れる状態にする(いわゆるアップロード)

このとき、問題になるのが、最初のゲーム画面キャプチャーの段階かと思います。
今回は動画キャプチャーを中心に動画作りの流れを説明します。(お約束ですが、ノウハウとしての情報提供をしますが、各自の作業は各自自己責任にて行ってください。法令遵守も含めて全てにおいて当ブログおよび著者は責任を負いませんので。。。)

次のステップの編集や、その次のアップロードについては、それほど難しくありません。
編集は、WindowsXP(SP2)ならば、WindowsMoviemaker(ムービーメーカー)を使えば
良いです。
ムービーメーカー画面:
wmm



アップロードは定番となったYouTubeがあります(Divとかニコ動も可。)


画面キャプチャーには、パターンがあります。
    撮影パターン
  1. 携帯電話とかカメラでディスプレイを撮影する(テレビ画面を撮影するというちょっと原始的な方法ですが、これは確実に出来る)
  2. パソコンを2台使う。
  3. パソコン1台で、ゲームをプレイしつつ、バックグラウンドで録画ソフトを動かす



パソコンを2台使う方法は、若干特殊でありゴージャスなので詳細な説明は割愛しますが、
こんな感じです。
キャプチャー方法(2台で)

汗;
下手な手書き絵でスマン。(ルキアはご愛敬で。)
左側のPC(PC=パソコン)で、メイポをプレイします(キーボードとかマウスもつながっているものと思ってね。)
青い線が2本出ているが、1本はディスプレイ(TV画面)に信号を送るが、同じ内容を
S-VHS出力などが出来るビデオカードで別のパソコンに送っているのがもう一本の線。
S-VHS出力が出来れば、あとはそれをパソコンでキャプチャーすればよい。
ただ、このもう一本の線というのがくせ者で、普通のパソコンでS-VHS出力がついているかどうかは、決まっていない。パソコンによってはたまたまついているかもしれない、という機能。なのでまぁ一般人には難しいかと。


さて、本題の「1台のPCで動画キャプチャーをする方法」ですが、
fraps
このソフトを

(窓の杜での解説)
使います。
このソフトは、パソコンにダウンロードしてインストールしてから使う必要があります。
ダウンロード方法やインストール方法はここでは割愛します。
インストールしたら、このソフトを起動します。起動すると、こんな画面が出てきます。
(最新版だともう少し選択肢が増えているかもしれませんが、大幅な変更ではないので、以下の説明で触れていないところや判らないところは最初の値(デフォルト値)で良いでしょう)。
メイン画面

さて、4つのタブ(GeneralとFPSとMoviesとScreenshots)がありますが、これらをまず設定します。
Generalは、上記の通りで良いです(Fraps window always on topは、常に前面に表示する、という意味で、OFFにしてもかまいません。レ点が打たれているのがONです)。
次にFPSを設定します。
fps画面

ここも特にいじる(変更する)必要はありません。では次。
MOVIES画面

この画面ではいろいろと変更する必要があります。
その説明のために数字を描いた次の画面を見てください。
詳細説明


  • ①動画キャプチャーしたファイルを保存するフォルダを指定します。ここをどこにするか、は動画撮影が綺麗にできるかどうかのポイントになります。できれば、USBハードディスクのようなディスクを選んだ方が良いと思われます(C:ドライブとかにすると、録画開始でゲーム画面がめちゃくちゃ重たく(動きが遅く)なってしまうのです)。
  • ②録画開始・終了キーを指定します。メイポのキー設定でF12に何かを割り当てている場合は、どちらかを変更する必要があります。
  • ③撮影される動画の大きさを指定します。フルサイズで録画すると綺麗に撮れますが、後々、ネットワークで公開するとなると小さくなるので、ハーフサイズで十分かと思われます。
  • ④ここは、29.97という数値をいれるものだ、と思って貰えればよいかと。。。
  • ⑤音を録る場合はここで設定しますが、ゲームの効果音は録れないと思われます。よって「RecordSound」をOFFにしています。「RecordSound」をONにすれば、ここでサウンドカードを指定することができます。

では最後にスクリーンショット設定。
スクリーンショット画面

ここは、スクリーンショットをBMP形式で録る場合の指定が出来ます。
BMP形式以外も選択できそうですが、お金を払わないと、他の形式は選択できないようになっています。それでもフォルダ名とかを別にすることができるので、便利でしょう。ただし、BMP形式はファイルサイズがでかいのですぐにディスクを使い果たしてしまいますのでご注意ください。あとは、スクリーンショットを撮影するキーを指定できます。メイポの場合は、
SCRLCKキー

これらの写真にあるようなキーでSSをフォルダに保存できますが、そのキーを変更できます。


これで設定が終わりました。あとは、

  1. Fraps.EXEの起動(すでに起動中のはずですね)
  2. メイプルのプレイ開始
  3. 録画開始キーを押す

という順番で動画キャプチャー(=録画)が出来ます。
メイプルをプレイすると、下記のような数字が表示されるので、
rec

この数字が30以上であれば、さきほど設定したキー(F12など)で録画開始となります。
録画開始すると数字が赤くなります。


あと、Fraps.EXEについていえば、、、

  • 有料ソフトだが、無料でも使える。
  • 無料の場合、録画した動画に常に「www.fraps.com」と表示される
  • 無料の場合、連続して録画できるのは30秒までという制限がつく(30秒ごとに録画開始ボタンを押す必要がある)

このような制限があります。まぁタダ(無料)なので良いではないですか。
録画完了して、フォルダを見るとこのようになっているはずです。
explorer screenshot

これらファイルをダブルクリックすると、
メディアプレイヤー

このようにメディアプレイヤーが起動してゲーム画面が再生されます。
あとは、ムービーメーカーで編集して出力するだけです。
ムービーメーカーは、感覚的に判るとおもいます。
HOWTOUSE

手書きで説明しました(笑)


最後にメニュー

↑コレを選びます。すると、、
ムービーの完了、コンピュータに保存の第一ステップ

ここは、ファイル名と出力先のフォルダを指定します。空き容量があるドライブのフォルダを選んでください。(ファイル名は適当に。英数字のほうがいいとかあるかも…)。
次に、、第二ステップ

ここは、「詳細選択肢の表示」を押すと、色々な選択肢が表示されて迷ってしまいます。動画について詳しくない人は、そのまま「次へ」を押しましょう。
第三ステップ

すると、このような画面になって、動画ファイルの生成が行われます。ちょっと時間がかかります(十数分)。


できたファイルはサイト(YouTube Div ニコ動 AmebaVision等)にアップします。YouTubeの場合は、myサイト、という画面に「URL」というのが表示されますので、それをブログに貼り付ければ、OKです。
youtube画面



というわけで駆け足で説明しましたが、いかがでしたでしょうか?
応用しだすと色々あります。動画撮影キャプチャーソフトは別のものがあるかもしれませんし、動画編集はAdobePremiere(プレミア)とかもあります。


一番最初にかくべきだったかもしれませんが、動画キャプチャーにはパソコンの性能が必要です。

  • CPUの能力。
  • ビデオカードの性能(直接的にキャプチャーには関係無いですが、ビデオカードが高性能だと、CPUが楽になるので、結果として重要。)
  • ディスクの速さ
  • 搭載メモリの多さ
  • OSの軽さ(VistaよりXPのほうが良いのでは?)

一概には、このパソコンなら大丈夫、というのは言えませんが、ちょっとした事で動画キャプチャーがうまくいくようになります。私の場合は外付けディスクに録画をするようにしたら比較的スムーズにとれるようになりました。
あと、ムービーメーカーで最後に生成をするときもCPUの速さが影響しますが、これは時間がかかるかどうか、だけです。昔は一晩とか丸一日とか一週間、動画生成をしたものです(昔話ですね)。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://alphaiota.blog105.fc2.com/tb.php/63-06eccfa0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。