スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮装化環境でのLinuxディスク増設とファイルサーバ化

vmWareの仮装化環境は、意外と簡単に作れます。
お金もかかりませんし。

Linuxサーバをたてるならば、仮装化してもいいのではないでしょうか?

というわけで、仮想化ソフトですが、メジャーな vmWare にしました。
マイクロソフトのHyperVも有名ですが、ここは性能重視でVmWareに。

諸々はすっ飛ばして、現状の環境は、
ESXi5サーバ(ホストマシン)に対して、
ゲストOSとしてWindowsXPとUbuntu(Linux)を入れてあります。

この前、BUFFALOのNASが壊れたので、中身をLinuxに移動させることにしました。
NASは、1TBで半分近く使っていたので、500GBほどの領域がLinuxに必要ですが、
ホストマシンのディスクにそのような余裕がありません。
ディスクをヨドバシカメラ地下で購入してきました。
(余談ですが、ヨドバシカメラの地下で自作PCパーツを買うときは部品番号をメモしてレジに並べば良いんですね、知らなくて店員を捕まえて「商品出して!」ってお願いしたら、部品番号メモしてくれればいいんですよ、と教えてくれました・・・)。

ViClientをパソコン(PC)に入れておき、ESXをいったん落として、買ってきたディスクをSATAで接続し、
ESXを起動します。
ViClientで接続し、データストアを追加します。
そしてLinuxに割り当て。

ここまではOK.

Linuxを起動し、さぁLinuxに領域を追加、というところで色々と躓きました。
参考にしたサイトは下記の通り。
VMwareの仮想ディスクをLinuxでマウントして使う - adsaria mood
HDDを起動時からマウントしておきたい場合のfstabの書き方 (ubuntu 10.04) - 記録

というわけで私の方でもスクリーンショットをとっているので、記録を兼ねて解説。

まずはターミナル(Xterm)を開いて、

ls -ld /dev/sd*
を実行し、新たにディスクが増えているのを確認します(今回は、 /dev/sdb でした)。

このままではマウントできないので、fdisk でマウントできるように書き込みを実施します。
WS000054.jpg

ここまでは、fdiskの起動とヘルプですね。
実際に書き込みは以下のように、、、
WS000055.jpg
nキー(NEWの意味だと思う)で領域作成を選び、
pキーでプライマリパーティションを選びます(拡張パーティションにしない理由は、判りません!汗)
パーティションは複数作ることで1つのディスクを領域をわけてつかうことができますが、
今回は1パーティションに全領域を割り当てます。
WS000056.jpg
pコマンド(printの意だと思う)で、設定した値を表示させ、
wコマンド(いわずとしれたwrite)で、実際にディスクに書き込みを実施します。
wコマンドを実行するまでは、何度でもやり直しがききますが、wコマンド実行すると、
ディスクの中身は失われますので注意してください。

これでパーティションがきれたので、
/dev/sdb
/dev/sdb1
と、1がついたファイルが作成されています。

このあと、
mkfs -t ext4 /dev/sdb1
を実施します。
これ、少し時間がかかります。
あと、ext4にするのか、ext2,ext3などにするのかは、環境に依存します。
Ubuntuは、ext4が使えるので新しい方にしておいてます。
WS000057.jpg

mkfsでフォーマットしたら、mount でマウントします。

あとは、/etc/fstab にマウントを記述しておけば、再起動後は自動的にマウントされるようになります。

これでディスクは使えるようになりました。
次は、ファイル共有ですね。
WS000058.jpg
Ubuntuの場合、ファイル共有は、フォルダを表示させて右クリックで共有を選択すると、
勝手に「ファイル共有のためのパッケージ(samba:サンバ)」をインストールしてくれます。

これでファイルサーバのできあがり、となります。

ユーザによる書き込み制御等、いろいろしたいときは、

sudo passwd
で、rootのパスワードを設定し(Ubuntuの場合は、基本rootにパスワードが無いので、suできない。なのでsudoでpasswdコマンドを実行してrootにパスワードを設定してしまえば、suが使えるようになります)
rootになってから、chownとかchmodを使ってフォルダを設定していきましょう。

おまけ:Linuxのスクリーンセーバー(マトリックス風でかっこいいよ)

WS000059.jpg
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://alphaiota.blog105.fc2.com/tb.php/465-3681e4fa

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。