スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイス

別に氷菓の事ではなくw。
アイススキル

前にイラプとストレイフがMAXになったから投資対効果が大きいパペットにスキルポイントをつぎ込むと書きました。

でもそう言った舌の根も乾かないうちに方針を変えましたので報告します。

スキルポイントを振るのは(パペじゃなくって)アイスに変更しました。

前回ブログ書いた後、パペットには一回スキルポイントを振りました。なので、パペットの出現時間が10秒だけは延びて、これはこれで便利になったんです。でも、色々考えて、今後の事を考えるとやはり凍結時間を伸ばすほうが大事かと思い直しました。

なぜならば…

タゲ取ったあとにパペット出してからタコ殴りの場合は、パペットの出現時間と強さが大事なんですが、その前にタゲを取らないといけません。でも実際に自身の安全を確保しつつタゲを取るのは、大変です。マップの形とか、そのときのモンスターの位置によっては、決死の覚悟でタゲを取る必要が出てきます。更に今後レベルアップを重ねていくと、火ブル等、被ダメがでかいのを相手にしていかねばなりません。そんな危険な狩り場では、タゲ取ってからパペットを出すまでの短い時間に墓ったりする危険性がありますよね。
そこを考えると、アイスは、相手の動きを封じることができるわけです。攻撃も封じる事ができる(凍らない奴は別…というか要注意…)。凍っている間に
パペットを出すとか、もっと凍らせるとか安置からイラプとか、選択肢もひろがるわけですね。なので、アイスが重要になってくるのです(というかパペットが最低限20秒は表示される、というスキルの状況から、アイスの有効性が浮上してきたわけです。でも3次転職して最初の1ポイントは、アイスに振りました)。

弩3次(スナイパー)のアイスショットは最初から1秒凍りますが、凍っている状態に攻撃を加えなければ凍結状態はたぶん2~3秒はあります。そのあと、秒数が増えるのはスキルレベル11からで、11になれば2秒。ちょっとした差ですが、たぶん、この1秒の増加がかなり、狩りを楽にしてくれるのではないかと期待しています。この増加時間でストレイフ叩き込むなり遠くにパペット置くなりの余裕が出てくるはず。
HPが低くて墓りやすい弩師としては、アイス推奨…ということで。
(2007/11/23,文章が読みづらかったので推敲、修正)。

因みに昨晩で漸く98になりましたが、アイスはまだ一秒。スキルポイントがあと1だけ足りない。
うぅ。
がんばろ~
では
レベルアップ

P.S 11/23朝にレベル99になり、アイスショットも2秒になりました♪。でもあげたあとほとんど狩りをしていないので、よくわからないです。またレポートします。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://alphaiota.blog105.fc2.com/tb.php/45-20d54630

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。