スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神姫はじめてみませんか?

武装神姫について書こうとしたのですが、

その片手間に見始めたアニメが凄かった・・・。

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
WS000013.jpg

これですわ。

まぁ原作の漫画がブッ飛んでいたんですが、それを忠実に再現しています。

ヒロイン「奈緒」のCV(声優)さんが凄く上手なんですが、最初、私は、ゆかりんだと思っていたのですが、
なんと、キタエリが声をあててました。

うーむ。『B型H系』のときのゆかりんも凄かったけど、こっちのキタエリも凄い。

やっぱり日本の声優さんは凄いねぇ。

※たまに下手くそなTVタレントを使ってしまっている残念なアニメもありますが(ジブリとかもそうだ)。

しかも随所に散りばめられたネタが笑える・・・。

兄は妹が好きで、じつは妹も兄が好きなんだけど兄がその思いを隠しつつも妹に欲情しているところを
垣間見る事に興奮する妹とかいうややこしい設定とか

兄が、パソコンの深い深いフォルダの奥底に20ギガバイトものH画像を隠していることを妹が知っていたり
するとか。

公式ホームページのIDが Yokoshima (よこしま)とか。

息子のエロ本を没収する父親のシーンとか。

絵的にはパンツくらいしか見えないのでセーフかもしれませんが話している内容はもう一線を越えてますね。

バカな都条例を作った都知事が見たら爆発ものかもしれませんな。

大人な人は楽しめるでしょう(小学生のみんなは見ないでおこう)。




ところで、武装神姫ネタに戻ります(戻るといっても最初から脱線していましたが)。

武装神姫は、オンラインゲーム(対戦)もありますが、
フィギュア(人形)が元々の起源です。

これまでも、フィギュア発表→ゲーム化(ジオラマソフト→対戦ソフト)という流れを踏んできました。

オンラインゲームっていうのは、サーバからダウンロードして使うものなので、
いくらでもコピーが作れるのですが、
フィギュアっていうのは実体を伴うものなので、いくらでもというわけにはいきません。
売れそうな数を予測して工業生産によって作っておくわけです。

だから、売り切れてしまったり、売れ残ったりもするわけです(というかピッタリ売り切りなんてことは無い
ですよね)。

まぁこの予測が正しく出来るのであれば、誰も損をしないわけで、経営も楽々なのですが、実際、未来予測
なんていうのは非常に難しいわけで、売れると思っていた製品が売れなかったり、売れないと思っていたら
大ヒットしてしまって、買いたい人がいっぱい居るのに商品が不足、なんてこともあります。

そーいうこともあるので、限定生産とかで数を絞って作り、予約をさせて、損をしないようにする

というやり方も最近では多いですね。

KONAMIでも似たようなことをやっていたのだとは思いますが、

今回のは少し予測がずれていたようです。

少し前(半年くらいだっけ?一年?)に限定生産した、フィギュアを、また生産しようというプロジェクト
なのですが、
予約が一定数集まったら、という条件付きにしたのです。

WS000014.jpg

注文サイトはこちらです。

武装神姫 アルトアイネス [再生産プロジェクト] : コナミのショッピングサイト | コナミスタイル(konamistyle)

2500個の注文が集まれば、再生産が確定するというルールです。

期限は、明日1/16(日)。

しかし!

現時点で注文は、2000を越えた程度。まだ400個以上の注文が必要なのです。

なんということだ。

このままでは2000人の注文が、無に帰してしまう!

というわけで当ブログでも応援すべからず、リンクを張りまくってみた、というところです。

メイポな人も、コレを機会に武装神姫フィギュアにはまってみませんか?ということで。


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://alphaiota.blog105.fc2.com/tb.php/415-564f3146

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。