スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身長

昔から言われていること…

  • 背が一気に伸びるのは、12歳~16歳の間だけ
    赤ちゃんから、小学校の間は、少しずつ大きくなりますね。
    一気にグーンと伸びるわけではなく、少しずつ。
    でも、小学校6年くらいから一気に伸びる時期があります。
    この時期にグーンと伸びないと、その後(高校2年くらいから)は、あまり伸びません。


    16歳くらいで骨が硬くなってしまうそうです。

  • 背が伸びる時間帯は、夜の10時~午前2時
    この時間帯は、眠っていないといけない。
    眠っていれば、成長ホルモンが分泌され、体中に「大きくなれ」という指令が行き渡り成長する。
    夜更かししていると、成長ホルモンがあまり分泌されない。
    ★夜更かしは楽しいが、そのために身長を失うことになる。


  • 筋肉をつけすぎると、骨が伸びない

    筋肉は、骨と骨をつなぐバネのようなものなので、筋肉を鍛えすぎると、骨が伸びるのを阻害してしまうことがある。

    子供のスポーツで、「あまり鍛えてはいけない」とよく言われているのは、こういう事なのかも。
    スポーツは、楽しむことが大事で、勝負にこだわりすぎるのもよくないのかもね。

    ※ストレッチ(屈伸運動)も良いと言われている。体の筋(すじ)を伸ばすので、良いらしい。

  • カルシウムを摂(と)らないと骨が伸びない
    カルシウムは牛乳からとりますね。牛乳だけでなく、ちりめんじゃこ(小さい魚の骨がいっぱいある)とか
    煮干し(これも魚の骨が中にいっぱいある)も良いらしい。


    牛乳は脂肪も含んでいるので、それで太りすぎて重くなりすぎて伸びるのが阻害されても困るので、
    太り過ぎも注意ですね。

    ※カルシウムは、骨を固くする働きもあるので、他の栄養(たんぱくしつ)も摂(と)らないといけない。牛乳はタンパク質も含んでいるので、栄養バランスから考えても、非常に良い食品である。

  • 適度な運動が不可欠

    絵は判りにくいですがバスケットボールとかバレーボールを描いてます(汗。
    まぁ運動もちゃんとしましょう、となっていて、よく言われているのは、バスケ、バレー、テニス等が
    良いと。逆に、陸上とかサッカーとかは走りまくる→脚の筋力が付きすぎて脚が伸びない、と。

  • 栄養が無いと伸びない
    さっき、牛乳とか小魚を食べればいい、と書いていますが、それだけだとダメでバランスの取れた食事が必要
    ということです。
    野菜、肉、ごはん、果物、、、、かたよりなく好き嫌いもなるべく減らしましょう。。。



上記を気をつけていれば、成長期に身長が伸びる!という保証があるわけではありません。
医者に通うという手段を取る人も居るそうですし、
「背を伸ばすアドバイス」を商売にしている人も居ます。
あと、「遺伝的なもの」があるとも言われています。つまり「親が大きければ、その子供の身長も伸びる」と言われているやつです。ただ、例外も多いし、隔世遺伝 - Wikipediaという事もあるので、あまり気にしてはいけない、と思います。

結局は

  • 早寝早起き
  • 好き嫌い無く栄養を取る
  • 太りすぎない
  • 鍛えすぎない
  • 適度なスポーツを楽しむ
  • 日々の生活を楽しむ

といったところが大事なのでしょう。。。


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://alphaiota.blog105.fc2.com/tb.php/399-15e9d9fe

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。