スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本放送協会

年に一回やる国民的歌番組、紅白がありますが、
2009年末の放送は、ネットで再配信するというので、話題になりました。

よくよく調べてみると、NHKはこのようなサイトを作っていたのでした。
nhkondemand.jpg

NHKといえば、国民から視聴料を摂取して放送をしている団体…。

つまり、国民の放送局であるわけだ。

番組も国民のもののような気がするのだが、

配信サービスで再放送を視るにはお金が必要ということになっている(一部は無料)。

なんと!

有料とな!

既に国民から放送料を徴収してるのに

まだ金とるか!

なんか違和感ありますねぇ<有料。

しかし、一般市民が多少騒いでも、何も変わらないとは思います。

あと、まぁ文句を書いてみても、思い返せば、NHKは良い番組も多いし、、、。

そんなに責められるべきでもない…

アニメも作らせたら上手いし(最近はちょっと下手か…)

けど

せっかく作った良い番組だからそれを高く売って儲けたい?

って感じ?





あれ?

公共の機関じゃなかったっけ?????

うーむ。

公共の機関って儲かっても誰も得しないよね?

でも、NHK関係って儲け話っぽいモノ多いような…

何で?

儲けているわけではなく、パソコンの無い視聴者も居るだろうから視聴料から
オンデマンド配信の運転費用等を拠出するわけにはいかない、とかいうのが、
建前上の理由なのでしょうけど…?

これって

実は儲かる人々が居る

んぢゃないの?

番組の配信とか、
番組の販売は、

NHK自身がやっているわけではないみたいで
関係会社?がやっている???

NHK自体は公共交通機関だけど、
そこから派生したビジネスを色々とやっているのは、
私的団体?

NHKから発生する利権をうまく汲み取っている?

もしかしてそんな仕組みがあるのでは?

なんて思ってしまいますね…。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://alphaiota.blog105.fc2.com/tb.php/349-ff2cdebf

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。