スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンルームディスコ

紅白を見て思いましたが、PERFUMEいいですね。

ただ一曲良かったからといって原盤(CD)のアルバムを購入するのも危険な話…。

他の曲がいいかどうかわからないじゃないですか。

そういう時は、YouTubeとかで他の曲を聴いてみるわけですね。

気に入ったらCDを買う事でアーティストに還元もできるわけで(最近は買わない人も多いみたいだけど、
私は買ってますよ…)、そのための手段としてネット動画を活用するのは良い事だと思います。

たとえば、気に入るかどうか、しばらくmp3化して聞き込むという手段もあるわけで、
その場合の手順について、今回は書いてみましょう。

まずはYouTubeで動画を探しましょう。
なるべくYouTubeが良いと思います。
無ければ、ニコニコ動画で探しましょう…ニコニコ動画はユーザに変わってドワンゴが著作権者に著作権料を
払ってくれている?らしく、楽曲が残ってます。

もし
YouTubeに無い、且つ、後述するダウンロードサイトでも対応していない場合
は、
ブラウザと録音ソフトを同時に起動して録音する、という最終手段もあります。

音は良くありませんが、ネットの音楽なんてCDに比べれば全然ダメなので、
録音で十分です。気にしない気にしない(気にする人は、CD買え!ってことで)。

makemp3mosteasiest.jpg
録音中の画面はこんな感じ↑になります。

Audacityというソフトで録音しています。
ブラウザで再生→Audacity等のソフトで録音というのは、音源ボードにより出来たり出来なかったりします。
(必ずしもWindwsパソコンだから出来るわけではない…USB音源ボードなどは出来ないことが多い)

うちの音源ボード(サウンドデバイス)は、
devicesrecordable.jpg
Realtek HighDefinition Audio となっています(マザーボードにチップが載っているタイプの
音源だと思います)。
この録音方法は、パソコンの音を別のパソコンで録音するようなもので、一度音はアナログになっていると
思われます(なのでプロテクトもかからないわけですが…)。
いわば究極のダビング方法ですね(地デジテレビの画面をデジカメで録画するようなもの)。

YouTubeで目的の楽曲を見つけることが出来た場合、このような苦労は不要です(まぁ元々音が良くないので
得られる音はそれほど良くはありませんが)。

YouTubeで目的の動画を見つけたら、以下のダウンロードサイト、

Vid-DL - 動画ダウンロード保存支援ツール
viddl.jpg


とか、
DL-Video 動画をダウンロード&保存
dl-video.jpg


とか
でダウンロードします。ダウンロードするファイルの拡張子は、「*.flv」となります。
FLVファイルは、動画なので、MP3にするには、変換が必要になります。

手順としては、専用ソフトをインストールしてFLVファイルを変換するのが良いと思われます。

専用ソフトには何種類かあります。


一番簡単なのは、
SplitFlv
splitflv.jpg
画像クリックでVECTORの当該ソフトのページにジャンプ

これではないでしょうか?

FLVファイルをドラッグ・ドロップすれば、mp3ができあがるという簡単ソフトです。

たいていはこれで行けるでしょう。

たまに、ダウンロードした動画の拡張子が「mp4」の場合があります。これは高画質な動画に多いのですが、
このときは、別のソフトを使う必要があります。
mp4tomp3というそのものズバリのソフトがあります。
mp4tomp3.jpg
画像クリックでダウンロード先にジャンプ

デフォルトのビットレートが128Kと低いので変更するのを忘れないようにしましょう。

あと、FLVをそのままMP3にすると、余計な無音時間とか聞きたくない声が混ざってしまう場合などは、
一度音声編集してからMP3化したいところ。

この場合は、

FLV→WAV形式→Audacity等で編集→mp3出力


という流れで作業するといいでしょう。
この場合、FLVからWAVに抜き出す作業が必要です(AudacityはMP3作成が出来るので)。

このときは、
えこでこツール
ecodeco.jpg
というソフトを使います
(このソフトは、正規化までは行ってくれるのでとりあえずそれだけでも良いかもしれません。またMP3化も出来ます)。


えこでこツールでwavを作成し、Audacityで読み込んで編集すれば、mp3化して完成となります。

ちなみにSplitFlv等でmp3化に失敗しても、この「えこでこツール」で成功することもあります。
このとき、LAMEエンコードDLLが必要になります。
LAMEの最新版のダウンロード先は、 RareWares というページになります。

ちなみに、FLVから音を抜き出すツールには他に2つほど良さそうなのがありますのでご紹介します。

flvextract.jpg
これはFlvExtractというソフトです。
ソースコードも公開されており、中身は信頼が置けます。
ただ動作的には、AACファイルが生成される場合が多いです。AACだとQuickTimeなどでしか再生できなかった
りします(環境に依存しますが)。

hugflash.jpgこれはHUG FLASHというソフトです。これも好感のもてるソフトですが、一部のFLVでのmp3化は失敗しました。
ただいろいろといじれる(画面は小さいですが、オプション画面とかもちゃんとあります)ので、可能性を持っていると思いますので、紹介します。

flv2avi 1.0
flv2avi.jpgというのがありますが、コレは私のところではエラーが出て使い物になりませんでした。
画面を閉じた瞬間、宣伝用にブラウザを起動してくるような汚いソフトなのでインストールはオススメしません。開発元は中国みたい

最終的に気に入った場合は、なるべくアーティストに還元できるような手段を講じましょうね、皆さん。
じゃないと、誰もアーティストにならない日本になってしまう…。。。。












スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://alphaiota.blog105.fc2.com/tb.php/347-97c6fcf2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。