スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性別比

前回は、ネトゲ市場衰退という暗い話題でした…。
まぁみんなそんなに暇じゃないことに気づいてネトゲに入れ込まなくなってきたのかもね、程度に考えておいて
くださいな。

ただ、WebMoneyAwardにはもう一つ興味深いデータがありました。
性別の構成比率です。
あぁ~、ややこしい。絵を見て貰えば一発で判ります。
sexses.jpg
こんなのです。

上のグラフから言えば、女性が3割ちかく居ますね。あと30歳以上のおじさんもけっこうゲームにはまっていると
いうことが判りますね。

こんなグラフがゲーム単位で公開されてました。

ちなみにこのGameAward、全てのネトゲが対象ではありません。
おそらくWebMoneyが使えるゲームだけが対象と思われます(当たり前か)。
onlinegamwaward.jpg
対象ゲームが気になる人は画像をクリックしてね


さて、見ていきましょうか。
まずは、マビノギ(なんでメイポじゃないんだという突っ込みは無しで)
ga-mabinogi.jpg
根強いfanが多いと思われるマビノギですが、今回、「ベストRPG賞」を受賞しています。
女性が3割ちかく居ますね。
30歳以上の男性は、15%(1割5分)くらいでしょうか。
ちなみにナオは可愛いと思います(誰も聞いてない?)

gameaward-gf.jpg
続いてはグランドファンタジア、という新しいゲームです。新人賞的な「ベストルーキー賞」を受賞しています。
こちらも女性が3割、
30歳以上の男性も4分の1(2割5分)居ますね。

続いてアラド戦記
ga-arado.jpg
アラド戦記は、グランプリを獲得しています。
が、女性は少ないですね。あと30歳以上の男性も少ない。若い男の子に圧倒的な支持を得ているように見えます。

続いては、これはゲームではないのですが、
ga-nicottotown.jpg
以前、私も少し参加した事がありますが、ニコッとタウンです。
ベストアバターコミュニティ賞、というのを貰ってます。
女性が9割近く居ますね。若い男はほとんど居ません。居るのはオッサンばかりなりw

さて、メイプルですが、
ga-maplestory.jpg
今年は賞は無しです。
女性比ですが、1割と少し程度でしょうか。ほとんど10代の男性で占められてます。
チュウニビョウ…
おっと、禁句が心の中に浮かんでしまい、うっかりキーボードで入力してしまいましたよw

つぎは、私もよくやっていた、
ga-latale.jpg
ラテールです。ラテールもメイポと同様に賞無しですが、
女性比率は高いですね。3分の1(3割3分3厘)に達するのでは?
男性30代以上は少ないですが、20代以上の男性=大人、とすると大人の男が多い、ということになりますか。

次は、
ga-ragunarok.jpg
ラグナロクOLです。ここも賞無しです。ただ、メイポ、ラテール、ラグナ、とどれも比較的長寿命なサービスで
あるといえるかと思います。
性別比率ですが、女性はラテール同様3分の1近く居る、
男性については、大人がほとんどを占めてますね。
コミュニティが成熟しているような気がしますが、やったことないのでよく判りません。

続いては、
ga-panya.jpg
パンヤです。ゴルフゲームです。ゴルフゲームといえば、昔は麻雀ゲームとならんで
「おやじむけゲーム」
の代表でしたが、パンヤもそうなのでしょうか。
あ、パンヤは賞を貰ってますね。ベストスポーツゲーム賞だそうです。ノミネートされているゲームでスポーツゲーム
はココしか無いような気もしますが。
女性比率は1割5分くらい?30歳以上の男性が3分の1,大人の男性という見方をすれば3分の2(6割6分6厘)を占めてます。
キャラに可愛い女性が多いからでしょうかね…。

続いては
ga-games.jpg
@games、あっとガメスではありません、アットゲームズ、です。
「ゲームポータル賞」を貰ってますね。ゲームポータルって何?
ちなみに女性が8割ちかくいるように思われます。とくに10代の女性が半分。

あと何個かで終わりです。頑張ってつきあって下さい(書いている方が大変なのだよフハハh)
ga-lucentheart.jpg
ルーセントハートです。今年は無冠ですが、去年くらいにベストルーキー賞をとっていたと思います。
あ、こんかい紹介している順番は私が決めているだけで、投票数順などではありませんので、ご承知おき下さい。
星占いというか星座をゲームシステムに取り入れていたゲームだと思います。絵も綺麗でした(私は昔少しだけ
プレイしていたので、過去型です)。
女性比率高いですね、ここ。3分の1(3割3分3厘)は女性、大人の男性は5割、という結果ですか。
年齢が高い人が多いというのは、分別をわきまえた人が多いような期待を抱かせてくれますね。

ga-perfectworld.jpg
このゲーム、たしか中国製で、漢字で「完美世界」と書いてゲーム名はパーフェクトワールドですかね。
無冠ですが、たしかこのゲームも長寿命なイメージがあります。
グラフで目立つのは、30歳以上の男性比率の高さと、女性の比率の高さ。
ルーセントハートと似た傾向ですか…。

ga-livelyisland.jpg
リブリーアイランド、という、ソーシャルネットワークゲーム、、、というジャンルだそうな。
ここも圧倒的に女性が多いですかね。
あと20代以上の「大人の女性」が多いというのも読み取れますか。

ふぅ。

お疲れ様でした。他にも1人称視点ゲーム(FPS)とかがあるのですが、割愛。

さて、前回、ネトゲプレーヤー自体が減少している危惧について書きました。
そうはいっても、8万もの集票ができるジャンルでありますので、まだまだ捨てたモノではないと思います。
ただ、乱立するネトゲサーバの戦国時代を勝ち抜かないと、ゲームサービス自体が消えてしまうわけです。
(タンくる、とかセガスプラッシュゴルフ、等、日本の大手ゲーム会社がサービスを運営していてももたなかった)
我々プレイヤーとしては、生き残るかどうか、が非常に気になるところです。

ネットワークゲームが生き残るかどうか
 ↓
サーバが残るかどうか
 ↓
サーバ代を払えるかどうか
 ↓
課金プレーヤーが十分居るかどうか

私が考えたのは、ここで、


  1. 課金する余裕がある人が多いか
  2. ゲームにのめり込む人が多いか
  3. コミュニケーションが盛り上がるかどうか
  4. 純粋にゲームとしての魅力があるか(オフラインでも面白いか)


これらが、「課金するプレーヤー数」に直結する要因かと考えました。

  1. 課金する余裕のある人→20歳以上の割合
  2. ゲームにのめり込む人→成人男性
  3. コミュニケーションの盛り上がり→女性の比率、年齢構成比率
  4. 純粋なゲームの魅力→これは人数比では判らない


2010年、2011年、2012年と3年くらい先までを考えた場合、この要素を満たしていないと
先細り

になる可能性が高いと思われますが、どう思いますか?

若い世代、10代が多いというのは、将来性があるとか考えそうになりますが、
2~3年先までを考えたら、10代のひとは3年たっても大学生どまりである可能性が高く、
給与などを得ていないと思われ、課金能力はいまひとつ、
また、若いということはゲーム以外の刺激も多くたとえば男性ならクルマに入れ込むとか
他の誘惑も多いと思われるのです。

その点、30歳になってもゲームをやっている男性なら、すでに給料から少しはゲームに課金してくれていたり
するし、いちど入れ込んだら長くやってくれそうな気がしませんか?
(まぁ結婚してやらなくなった、とかいう人もいそうではありますが)

女性比率については、想像に難くないと思いますが、

基本的に男性は女性が(生物学的に)好きであり

コミュニティとして、男女の構成比率は(現実世界がそれに近いから)半々が理想


という事が考えられます。

すると女性比率が適正値に近いゲーム内では、男女双方にとって良い刺激が得られやすいと思われます。
(ネカマ要素をどう考えるか、という課題はさておき。。。)

良い刺激が得られると、次の日もログインする、誰かが課金し始めると課金者が増える、という

良い循環

が産まれやすくなるのではないかと思われます。

最近のネトゲが女性を重要視している気がするのはこれだと私は思っていますが…。
ただ、女性の場合は、

女だけでも盛り上がる

というところがあるかと…おしゃべりで盛り上がればいいや!的な…。
ニコッとタウンとか
アットゲームズ、リブリーアイランド
はそんなところでしょうか。

(しかし武装神姫は、課金可能な世代は多いだろうけど女性は少ないだろうな…神姫が女性だからいいのかもしれんが…汗)



さて本題ですが(遅っ)

メイプルやばい


って言わざるを得ないですね、今の状況…。
キャラの可愛さ、着せ替えアイテムの多さなどで女性を取り込んでいると思っていましたが、
意外なほど女性比率が高くないのが現状みたい…。

あと、大人の男性比率も低い…低すぎる…大人の可処分所得をなめてはいけない!

10代男性だけで支えられているメイポ…

なんかイヤだなぁ…。チュウニビョウうようよってか…汗。

変なアニメ作ったりせず、運営に注力しとけば良かったのにね…。


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://alphaiota.blog105.fc2.com/tb.php/339-65f11362

コメント

ためになる調査
なるほど、男女比のありかたについて面白い着眼点だと思いました。2006年のCESAゲーム白書を持っていますが、その頃と比較しても今回の簡単な調査は意外なものを見つけられるかもしれません。
ネトゲ全般については急成長を終えて、緩やかな成長に入る前触れか、もしくは縮小しつつあるのでしょうか。やはり細かいことは白書による調査がないとわからないのですが、ネトゲは家庭用ゲーム機と違い、無料のものとも戦いがあります。久々に調査してみる価値を覚えました。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。