スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道オタ

鉄道愛好家(いわゆる、鉄ちん(てっちん))が、この世にどれだけいるか
判りませんが、まぁ全世代に渡ってこの鉄オタな人は居ると思われます。

この前も、会社のエレベータで前にいるけっこうな歳のおじさまが、急に
「京阪の新型は×××系らしいですね」
みたいな話を始めまして、さっぱり判らなかったのですが、相手のおじさんも
それなりに鉄道について意見を持っている人らしく、
「いや、それは×××型がどうのこうの」
と盛り上がっていました。

それは最近の話で昔は、
「新幹線のぞみ」
が初めて走ったとき、わざわざ出張を作って乗りに行くやつとかも居ました。
それくらい全年代に幅広く存在している鉄チン…。

ところで鉄道愛好家には、いろいろあるらしく、
乗り鉄と言われる「乗り物に乗るのが目的な人達」とか、
撮り鉄といわれる「鉄道を撮影するのが目的な人達」とか、
まぁいろいろサブカテゴリがあるそうなんです。

そんな中、Nゲージ、というのがあるのですが、
これは、まぁプラモデルとかが好きな人は判ると思いますが、
実際の電車を1/150に縮小したモデル、なのですよ。
(ガンダムのプラモデルが1/144なので縮小が近いです…)

このNゲージ、お店では自作用の部品だけだったり、完成品だったりしますが、
一両、最低でも800円くらいから、上は15000円くらいまでありますよね?
もっとあるのかな????

まぁ150分の1と、かなり小さいので、日本の住宅事情には合ってますよね。
(HOゲージというのもありますが、1両あたりの値段が8000円~50000円と
 大きさも大きくなって価格も高騰しますので、一般人向けでは無いと思います。)

このNゲージなんですが、2大メーカーがあって、あと何社かが作ってます。
この2大メーカ、カタログ本を売ってます。
えぇ
カタログなのに有料なのです。しかも1000円以上する。

でも、電車が大量に載っていて、これは鉄オタにはたまらないらしい…。

ど田舎の電車ですら、コレは何系だ、とかいうのが掲載されてます。
そして、Nゲージのおもちゃも価格とか車両セットの様相などが掲載されているのですよ。

で、今回何が言いたいかっていうと、

このNゲージのカタログ、注文できない!っていうーこと!


カタログなのになんで~~~~~~?????


って思うじゃありませんか?

思いますよね。

でもNゲージって

大量に製造していていつもストックが大量にあるわけではない!のです。

工場にも少ししかないし、お店にもあんまり品物は無いのです。

えええええ????

と思うかもしれません。

だってガンプラとかそーいうのあり得ないでしょ?!


プラモデル売り場に行けば、山のように積んであってたいてい欲しいモビルスーツ
は手に入る!みたいな…

でもNゲージは違う!

違うんだよ!

おそらくは、あまりに種類が多すぎるからだと思うのだが、

工場では常に特定車種を作っていて、

全部の種類を日々作っているわけではないのです。

となると、工場で作らない車両は手に入りにくいわけです。

お店にストックされていれば良いですが、誰かが買ってしまっていたら、

工場にもお店にも無いので手に入れようがないわけです。

で、Nゲージの場合、

工場での生産計画がけっこう公開されているのですよね!

つまりガンプラでいえば、2009年12月は、ズゴック、グラブロ 2010年1月 リックドム、赤ザク

とかいう感じで情報が公開されているのですよ。

そうすると、販売店も入荷時期が予測できる。

すると、お店から頂くメールにも

 電車×××系 2009年12月入荷予定

とか書かれてくるわけですわ!
これが新製品とかだと予約が入るでしょう。
すると、数少ない生産品が、予約にまわされてしまうわけですよ。

すると店に並ぶ車両数が少なくなり、

普通にお店に買いに行っても買えない、という人が増えるわけです。

そんな状態なので、メーカー側もカタログは売るけど品物は品切れている、という状態を

どうしようもできない、、、、

のではないかなぁ…と。そりゃ、大量に作って倉庫にでも溜めておけば、
いつでも買えるのですが、
そうなるとおそらく経営的に拙いんでしょうね。

ある程度数を絞って出荷し、貴重な感じを与えて在庫が捌けるようにする。

これが、Nゲージメーカーのビジネスモデルでしょうか。



これは鉄道を萌え化したイラストを集めた本、というのは間違っているな。鉄道のうんちくも語られているが、電車の写真の代わりに萌え化電車イラストが載っている、という本です。
moerail.jpg
うんちくは、それなりに面白いのと、絵がみんな上手なので、
本屋で衝動買いしましたw。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://alphaiota.blog105.fc2.com/tb.php/317-23b3845a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。