スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ

ご無沙汰しております。

10月の頭に引っ越しをしました。このことについては、既に書きました
引っ越しは、引越屋さんが頑張ってくれて無事終わりました。

が!

引っ越しって、実はその

後が大変

ということを今、理解しつつあります。えぇ。

運び込まれた段ボールの山を開封して崩していく途方もない長い道のり

スタートラインに立つのが「引っ越し」だったのです!

長い道のりが何ヶ月か判りませんが、通常、「主婦」が家庭に居る場合ですら、三ヶ月程度かかるという話があります。
ウチには「主婦」は居ません…主夫も居ませんが。
なので、相応な年月をかけて段ボールを整理していく必要があるのです。
おまけにスペース的に広がったわけでもないので、新居の収用形態に合わせて荷物のしまい込み方も再構成する必要があるわけです。
前は、押入がたくさんあったので押入用ケースにぶっこんで突っ込んでおけば良かったのですが、今度は、クローゼットになっていて押入用ケースが入らないのでケースは捨てて中身をクローゼットに吊す、とかいう風にやり方を変えないといけない…。

Maple090928_204108.jpg

そんな作業を延々やらないといけないし、元々なんでこんなものを持っているの?というような
「わけのわからない荷物」
もいっぱいあります。
それはそれで「実は家族の誰かの思い出の品だった」という可能性もあるのでむげに捨てられないわけですね。
捨てる捨てないについてもいちいち確認しつつ時と場合によっては「捨てるべき!」「捨てなくてもよい!」という言い合いになったりと、面倒なプロセスになったりします。

こんな事をしていては、PC環境もなかなか整いません。

PC環境が整わないと、ゲームも出来ないしブログの更新も滞るわけですね…

(って言い訳か?!)

とにかくそんな感じで引っ越し後のグダグダLifeをやり過ごしていたのですが、
そしたら、秋がやってきて運動会もあって運動会が終わってホッとしていたら、

家族がインフルエンザに罹患

しました。

うわぁ…熱が38度超えた!

というわけで近所の小児科にまずは「電話」。

(いきなり病院に行ってはいけませんよ)

そしたら「クルマで来て、クルマの中に患者さんを乗せたまま、付き添いの人が受け付けに来て」
と言われました。
言うとおりにすると、お医者様がクルマに来て診察をしてくださりました。それで検査(例の棒を鼻に突っ込むやつね)をして「陽性」となり、タミフルを処方して頂いた、というわけです。

問題なのはその後です。
結論から言うと「私は自宅待機状態」なのです。
私の勤めている会社では、下記のように定めていました。
「家族などが新型インフルエンザに感染した場合(または疑いがある場合)は、
 その社員は、完全治癒するかまたは感染していないことが判明するまで
 自宅待機とする。感染していた場合は、治癒後一週間も自宅待機」


なんということでしょう!

いきなり休みが確定したわけです。

といっても両手を挙げて万歳!というわけにもいかず(ブログだって全然更新していないし)

まずは仕事関連の調整ですね。
会社の関係者に電話しまくりで「これこれこーいうわけで自宅待機になったので、
代わりにコレやっといて、コレお願い」みたいなお願いをします。
会社のルールなので休むこと自体は怒られませんが、
「うわぁ~、来れないんですねぇ、、、、(大変だなぁ)」
といった感じの会話を何回も繰り返すことになります。

まぁたまたま会社のPCを持ち帰っていたこともあってその辺はメールでフォローしつつ、
会社の仕事がまわるようにします。

それからインフルエンザにかかってしまった家族の世話もしなければなりません。
タミフルは粉末と錠剤があるのですが、粉末は非常に嫌な味のようです。
それでも処方された分は飲みきらないといけないので、
がんばって飲んでもらいます。
患者さん(家族だけど)は、おなかもすくので料理を作ったり
近所に買い出しに出かけたり。
当然ながら患者さんの通っている学校に連絡をしたりもします。

こんな感じで初日が過ぎたわけですが、二日目に

もう一人の家族がインフルエンザっぽい高熱に

なりました。うわぁ…家族=濃厚接触者 とは聞いていましたが、
本当に簡単に感染しちゃうのね・・・
というわけでこちらの新たな感染者も病院に連れて行きます。
お医者様の診断により新型インフルエンザと判定され、
今度は、「リレンザ」を処方されました。
このリレンザ、ちょっと面白い機構のメカを使って吸引する粉薬です。
お値段的にはタミフルと変わらないですが、
飲みやすさは格段に上かな。

ま、とにかく、この新しい患者さんも「学校に行っている人」なので
学校とか習い事先とかに連絡し、
会社にも「新たに家族が感染した旨」を伝えたりします。
家庭内に患者が二人になったことで食事の準備とかも
手がかかるわけですね。
ご飯とか倍かかりますしね…。

そんで三日目!

また家族が感染しました!

え~~~っと、家族何人いるの?

4人です。私を入れて4人。

そのうち3人が「新型インフルエンザ」と判定されちゃったのです。
最後にかかった人は大人なので近所の大病院に歩いて行って貰いましたが
(当然乍ら事前に電話して発熱外来みたいなのがあるのを確認しましたが)
それでも帰宅して布団に寝込まれました。
この人が一番高熱(38.6度)でしたから、きつかったのでしょうね。
薬はタミフルの錠剤を貰ってきました。錠剤なのでかなり飲みやすいみたいですが。

とにかく3人目の患者が家庭内で出てしまったのですが、
1人目は、もう熱もだいぶ下がって直り気味で元気度合いがばらばらです。
なので食事とかも食べたいものがだいぶ違ったりします。
まぁみんな「アイスクリーム」は大好きなのでコレはいいのですが…。

あと引っ越し荷物から「加湿器」を出してきて使えるように直したりしました。
さすがに3人も罹患すると考えてしまいますね。

私はたまたまかからなかった様ですが。

家族に感染したのは、ラーメン屋かもしれません。
おそらく、小学校で感染した子の麺を他の家族が食べたときに移ったのが一つ。
あとは一緒に寝る等の濃厚接触での感染が一つ、
と見ていますが真実は判りません…。

季節の変わり目ということで温度変化が激しく、体調を崩しやすい時期なのですが、
インフルエンザも大流行中ということで
更に注意が必要だったのですね…。

今週末の地元イベントへの参加もキャンセルです。

皆様も気をつけてください

では。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://alphaiota.blog105.fc2.com/tb.php/312-04ae89fc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。