スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新環境…

引っ越ししまして、PCを置く状況がだいぶ変わりました。

まずはネットワーク環境の違いですが、

前:フレッツ光(Bフレッツ ファミリー100タイプ|NTT西日本|フレッツ公式
今:マンションのLAN(DoCANVAS(ドゥキャンバス) マンション向けの光ファイバーインターネット接続サービス)


というわけで、これはスペックダウンですかね。前は光ケーブルが家に直接きていましたが、
今度はマンション内のLANに接続です。マンションまではおそらく光ケーブルだとは思いますが、
全戸で共有しているのではないかと。

次にディスプレイ。

ディスプレイは十年以上前から一貫して「ナナオ」を信奉しております。
今は、
FlexScan S2242W-H
を使用しています。

これは、

  1. Adobe RGBカバー率95%の広色域表示
  2. 1920×1200の高解像度を22.0型の画面にコンパクトに表示
  3. WUXGA (1920×1200)解像度表示のビデオカード互換性
  4. 液晶テレビ並みの高輝度・高コントラスト
  5. 適切なVDT作業を促すEyeCareユーティリティ
  6. 動画をクリアに表示するオーバードライブ回路を搭載
  7. 文書やWebの閲覧を快適にする縦回転機能
  8. 表示する内容に合わせて適した表示モードを選べるFineContrast機能搭載
  9. 自動調光機能 Auto EcoView機能
  10. 消費電力0Wを実現
  11. 著作権保護技術HDCPに対応

等とまぁ高機能高性能のオンパレードですが、(もっともっと高級機種は存在するので念のため)
けっこう気に入っているのが、
「画面を回転させられる機能」ですかね。

引っ越し前は、横ワイドで使用していたので、

前:1920×1200
今:1200×1920 or 1920×1200

といった感じです。A4をスキャンした縦書き用紙が綺麗に一画面に収まりますね。
スクロール無しで。
もちろん、Webサイトも見やすくなります。
Webサイト、作る側としても

縦スクロールはOK
横スクロールはNG

とか考えません?
実際、Yahooとかの一般サイトは、縦長デザインですからね。

いま、TVとかモニターってワイドが一般的ですけど、
本当の実用性って実は「縦長ワイド」なんじゃないのかなぁ?

ほら、床の間に飾る「書」とかも「縦長」じゃないですか。

でも巻物って「横長」ですな。

日本の昔の人達がやりとりしていた手紙とかも「横長」

そーいう意味では横長ワイドは、縦書き文化に合う気がしますが、
西欧文化から来たモニターは、横長ですな。

西欧は、縦スクロールが主体なので、本来なら「縦長」が融合しそうなのですが、
そこは、「映画」を起源としているので「横長」が合うのでしょうね…

というか映画館って縦方向はそれなりに長さを確保できているので、
横に広げるしかなかったような気も、、、

あ、違うか。

人間の目が横に並んでいるからか…。

とにかく世間の流れとしては、「横長ワイド」が主流のようです。
でもPCは、回転ディスプレイがよさげですよ、と。

でもメイプルストーリーは起動しませんでした<縦長画面。




スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://alphaiota.blog105.fc2.com/tb.php/311-34e97a9f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。