スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メル

レベル62ともなると、何百万というメルはもっていたりするが、初心者時代とか、1次転職直後というのはメルもあまり無く苦労をする。

ただ私の場合、Lv15くらいのときに、ギルドに誘われた。ギルド名は、Popuraの仲間。
ギルマスは誰だったか覚えていないが、ギルド作りに協力した報酬として40万メルを貰った。さらに、同じギルドの人が、「私は要らないから」と言ってその人が貰っていた40万をそのまま私にくれたのだ。Lv15くらいのときの80万メルの価値が判るだろうか?

さらにこのギルド、「給料を出す」という話だった。
毎週何曜日に何万メル、というような事が言われていた。

が、1週間ほどインできないことがあり、久々に入ると、ギルドから抜けていた。自分で抜けたのではないが、メッセージもなかったので、気づくのにも少し時間がかかったほどだ。

結局、最初に貰った80万を使って青薬や白薬を買いまくって狩り場1で狩りまくっていた。

その後、メルでいえば、スルラのねばねばした液体が思い出される。期間限定クエストで、ねば液を1000個集めるというのがあり、高レベル者がねば液をけっこう高いお金で買ってくれたのだ。ねば液を集めて売る、というのを「ねば液事業」と呼び、低レベル者の間で流行った。私は100万メルくらいを稼いだが、もっと稼いでいた強者がいっぱい居た。

いまはもうねば液事業というのは無いが、そのうちサーフボードがまた始まるということで、浮き輪類が高騰すると思われる。持っている人は安易に捨てない方がよいだろう。

結局、メルに関して言えば、ゴーレムなどの黒字狩りを経てある程度資金が出来て、さらにエルフ商人などのポイントアイテムでフリマに出店して、金がたまるようになる。それまでは、フリマで全員チャットで売り込んだりして苦労するが・・・
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://alphaiota.blog105.fc2.com/tb.php/3-3c6ee986

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。