スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリ

帰宅を急いでいた。会社を出て駅までの道すがら雨が降り始めたので傘をさして歩く。
もう22時近かった。
交差点に差し掛かった。車が何台か停まっていた。歩行者用信号は青く光っていた。その青い点灯は直ぐに点滅に変わった。
徒歩だった脚はすぐに小走りに変わった。そして車道に引かれた白線に脚を載せた時だった。視界の横から小さい光が近付いていた。
自転車だ。
横から此方側に直進してくる。しかしこちらはまがりなりにも信号を守ろうとしている。歩みを停めずに前に進んだ。
そのとき自転車の全容が目に入った。
小さめのキャップを被った若者が細いタイヤのスポーツ用の自転車を駆っていた。
自転車は此方の歩みを認識したかと思うと回避運動をとりはじめた。よけてくれる、とホッとしたその時、自転車は更に曲がった。そして後輪をロックさせてドリフトをきめようとした。後輪は荷重を外されて確かに横滑りをした。しかし路面は雨で濡れており横滑りは運転者の意図しない飛距離を出した。
ジャーッ
アローイラプション

転んだ自転車と運転者がアスファルトに擦りつけられる音が響く。すでに此方は横断歩道の真ん中に差し掛かっていた。青信号は点滅している。
コンマ003秒ほど迷ったが向きを変えず横断歩道を渡りきった。
そのまま駅に向かい電車に乗った。

この一瞬の判断力こそ弩師狩りで培われたものである。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://alphaiota.blog105.fc2.com/tb.php/29-9033cc4b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。