スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラプション

一次転職はひらめき。
二次転職は欲望。

三次転職は絶頂。

これはかつての弩名人『ず』の言葉だ。
名人「ず」



というのは全くのうそで、そんな名人はいません。すみません。画像もねつ造ですw

でも二次するときは迷いますよね。弓だけじゃなく魔も戦も…。

私もかなり迷ったくちで何日間か、いろんなウェブサイトを眺めまくりました。

えっと、弩じゃないのって何でしたっけ?ハンター?
弩師にするかどうか、迷わない人は良いと思うんですよね。火の矢で気絶させてれば。でも調べると迷うと思います。そういう迷いのポイントは何点かあって…

まずは火力。計算式が違うので弓より弩のほうが火力が上らしいです。

これはそんなに実感わきませんでしたね。二次の間はいかにヘクラーを強化するか、が重要でしたから。

次は射出速度。

これは撃ち始めのレスポンスですね。ターゲットを視認して矢を撃つまでに間があり、それが弓より弩の方が長いという事。

これは火力にアドバンテージがある弩師に課せられた制約ですな。これもヘクラー買ってきてブースターを上げ始めれば解決した気になれますが。

次は武器のグラフィック。

弓のほうが洗練されている様な気がする。まぁ弩の方が武骨で野太いと言えば聞こえはマシか。見た目はポイントアイテムで解決するからイイかな。

武器の流通量については、弩も弓もそんなに差はないのでは?

さて、では本題の三次スキル。

まずはアイス。非常に使い甲斐のあるスキル。転職後の一発目にお勧めです。
レンジャーはアイスあったっけ?ちと覚えてないがウィザードと同じ様に氷と火に別れているのであればアイスショットは弩師の利点になるだろう。
敵の脚を止めるというのは大昔からの戦いの基本だからだ。
逆に速い脚はそれだけで武器だ。
撃てば短時間だが必ず凍るアイスショットは二次でクロスボウマンを選ぶ十分な理由になるといえよう。

では今度こそ本題というか神髄。アローイラプションである。
これは上から矢を地面に撃ち込むと下方と左右の敵に矢が下から大量に突き上げて攻撃するスキル。
マップの上に安置があれば痛み無く狩りができるという優れ物だ。おまけに敵が接触していても発動する。もう間合いを取らなくても良いという一次や二次の人が聞いたら喉から手が出るほどのスキル。
ただこれは条件があってモータルブローを5まで上げないと上げられない。
あと最初はかなり火力が押さえられている。ストレイフは最初から相当使えるのに対してイラプは比較的禁欲的だ。まぁいきなり強力だとゲームバランス上まずいのでしょう。

アローイラプション
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://alphaiota.blog105.fc2.com/tb.php/25-b5e95014

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。