スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアフェスタ浜松2015

エアフェスタ浜松2015に行ってきました。

2016年の人の参考になれば。いや、ならないかも(後々わかります)。
エアフェスタ浜松というのは、航空自衛隊の基地のお祭りです。

年に一回あります。

基地も全国各地にありますので、結構いろんなところでいろんな時期にみることができます。あと  日本の場合は、米軍の基地もあるので、そこでもお祭りがあります。

まぁそういうわけで各地でやっているフェスタの一つです。

ちなみに関西圏から行くとしたら他に、北陸の小松基地や、大阪の八尾もあります。八尾は陸上自衛隊なのですが、ヘリコプターがたくさん来ます。あと岐阜の各務ヶ原も有名です。

あと忘れてはならないのがブルーインパルスです。航空祭の華といってもいいでしょう。アクロバット飛行をするチームですね。大空に舞う飛行機の航跡(スモーク)は素晴らしいので一度は見ておきたいものです。一度見るともう一回見に行ってしまいますが。

そんな楽しそうなイベントですが、楽しそうな故に人気があり、開催はたった1日、といったところでアクセスが非常に大変です。

とりあえず問題になりそうな点を書いてみましょう。

1。交通あくせす

2。日焼け対策、天候対策

3。荷物
まずは交通です。小松で15万人、入間だと30万人、浜松も12万人くらいの人が来ます。基本的には最寄りの駅まで電車で来て、そこからシャトルバスというパターンがほとんどです。

浜松ですが、新幹線も止まる浜松駅から基地までバスがでます。

このバスの列がすごく長くなるというのが通例です。

ただ今年は雨がザーザー降りだったので、バスの待ち時間は全くありませんでした。

バス席も余裕で座れました。

というわけで今年はまったく参考にならないと思います。ちなみにバスは有料でした。

あと行く前は歩きで行くことを検討しました。遠州鉄道に乗ってヒマ駅までいけば4km程度の歩きですが、バスに乗って思ったのは基地は高台にあるということと、周辺の道は非常に狭いということ。これから言えるのは、知らない道を延々4kmいくのはかなり大変で、一人や事情をわかっている人たちでいくならともかく、家族連れなどの場合は、シャトルバスが概ね間違いないということです。

※逆に帰りは余裕もあるのであるいてもいいのかもしれませんが(交通事情が分からないのでなんともいえません、危険度=交通事故に巻き込まれる恐れもどれくらいかわかりませんし)

次は天候対策です。

天気予報が雨の場合、傘ではダメです。

写真が撮れません。両手があかないと大変です。

リュックからお菓子や水筒を取り出すのも大変になりますよね、傘をさしていると。

なので雨合羽的なものは必須です。

あと必要ならカメラの防水対策もしておきましょう、タオルで拭きながらだと

コンパクトデジカメの場合は壊れる可能性があると思います。

ちなみにデジタル一眼レフだとものによっては防滴構造になっていたりするようですが、自分の持っている機種がどうなのか、確認しておくことが必要ならです。

雨が降ると高台の飛行場は風も強くなって体感気温が下がる可能性があります。雨合羽のなかに着込むことのできる衣服を一枚持っておくと少し安心です。

あと、浜松は11月開催なので雨がとか寒さがメインですが、小松とかだと暑さ対策がメインになります。

なので、日焼け対策に帽子は、マストアイテムですね。

それから腕の日焼け。カメラを抱えて飛行機を追いまくる1日になるので

腕はずっと露出していてかなり日焼けします。日焼けが嫌な人

肌が弱い人は、対策をしましょう。対策には夏の海で使うUVカット機能を持っているパーカーなどを羽織るのが良いかとおもいます。

それと熱中症対策ですね。これは水分を持っていくしかありません。

飛行機が飛び始めてしまうと、買いに行くヒマは殆どないです。連れが入れば買ってきてもらえるとか考えてしまいそうですが、連れのひとも飛行機が見たい場合がほとんどなので、大きな水筒をもっていくのが良いかと。運ぶのは大変ですが、飛行機が飛び始めれば歩き回る事は少ないので地面に置いておけばよいのです。

あと食料。祭りなので基地で模擬店が出ていますが、場所取りの兼ね合いもあって入場、即場所取り、あとは一歩も動けない、というパターンになり、模擬店に行けないことがおおいです。なのでパンとかを持っていくのが良いかと。

ただ、ゆっくり来て、飛行機を後方から見て帰るという楽しみ方もあります。要は最前線で場所をとって離陸から着陸までバッチリ見るのではない、という場合は、買い物する余裕もあるかとおもいます。

あと、待ち時間に小さい椅子をもっていると、腰を下ろせて楽です。まぁ夏の場合は地面に座ってもいいのですが、けっこう周りが椅子をもってきていると自分のだけ高度が低い感じになってしまうので、もっていてもいいかと。最近はアルミのコンパクトに折りたためる椅子が2000円くらいで売っています。

天候対策の話から自然に持ち物の話になっています。

あと持ち物で大事なのはカメラの関係ですかね。

飛行機をとりたければ望遠の効くカメラが必要ですね。

最近だとCANONのPowerShotシリーズとかで安価に65倍ズームとか売っています。

ただ、飛んでいる飛行機はとんでもなく早いです。ゆっくり飛びますとかアナウンスがあっても300km近いスピードになります。もちろん距離が遠いので確かにゆっくりに見えますが。

とにかく、どこから来るかなんて、アナウンスで右から来るとか告げられてもなかなか判りません!ゲームみたいに画面に矢印とかでませんから自分の目で飛行機をみつけなければならない!それからカメラのをフレーミングしてシャッターを押す!という流れになりますが、このフレームに飛行機をいれるのが大変。

この場合、圧倒的に一眼レフが有利です。

液晶モニターだと追いつかない。

真上に飛んできてアフターバーナーをふかして飛び去るf4!なんてシチュエーションだと一番いいのはやぱり、一眼レフ+望遠レンズですかね。

400mmくらいが最低必要ですかね。まぁAPSーcサイズだと250mmでもなんとか、でも少し物足りないかも。

とはいっても300mmとかってかなり高いので困りますね。

ズームはお金がかかる世界なので、ある程度割り切って撮影後に拡大するか、

PowerShot sx650とかで撮るか、

あとは死んだ気になって高額なレンズ買うか、

ってところですね。あと地上展示機メインだったらズームは全く不要です。

ぎゃくに広角が必要です。人がうじゃうじゃいるのですが飛行機を綺麗にとろうと思うと近ずくしかない、近ずくと標準では写真フレームに飛行機が治りません。なので広角が欲しくなるというわけです。

広角もどれくらいがよいか、ですが、APSーcで18mmあればまぁ問題は無いでしょう。APSーcで10mmー18mmのレンズがEFSマウントで販売されていますが、こちらだとさらに良いかも。。。このレンズ安くていいのですが、少しだけ暗いです。
まぁレンズ系とかカメラ本体とかは、どんだけ準備するかはご本人で決めていただくしか無いとおもいます。
三脚ですが、航空祭の場合は全く使いません。不要です

もってくると重いだけ無駄になりますのでやめましょう。

飛んでくる飛行機は手持ちで撮るしかありません。地上展示機もほぼ手持ちでとるしかないです。雨が降っていてもさすがに昼間は手持ちで取れるとおもいます。

もし記念撮影したかったら、そのへんにいる人とか自衛隊の人にシャッターを押してもらえればよいのです。
ぎゃくに絶対に持って行ったほうがいいものがあります。それは

予備バッテリー、予備メモリカード、サブのカメラ、

ですね。まぁサブのカメラは携帯電話でも構わないです。

バッテリーは、ズーミングを使いまくるのでとくにコンデジやミラーレス機の場合ははそうとうに電気消費量が多くなります。午前中に一個、午後に一個、帰りの新幹線ではもう電気なし、みたいなことは十分に考えられます。

あと予備メモリカードですが、飛行機を連写シャッターでバシバシ撮っているとすぐに1000枚とか2000枚の画像がたまります。なので場合はによってはメモリカードが足りなくなるわけです。

サブのカメラは何に使うかというと、

ブルーインパルスの期待を望遠レンズで追っていたとして、

とつぜん編隊が散開して、サンライズとかスタークロスにフォーメーションを移行することがあります。

そんなとき、望遠レンズだと編隊飛行をとらえきれないのです。

飛行機1機を一生懸命追っかけているわけですから。

その場合にサブカメラのほうで広角な写真をとっておく、というように使えるのがサブカメラというわけです。携帯電話とかコンデジは比較的広角よりなので使えるとは思います。
とまぁ、こんな感じで対策をしていけば、楽しめるのでは無いかとおもいます。
ちなみに2015の浜松エアフェスタですが、雨の影響で飛ばなかったのはtー7というプロペラの練習機だけでした。

ジェット機のほうは、雲が低い分、低空を飛んでくれてなおかつ旋回半径もかなり短くしてくれて、ものすごくサービスして頂けた、とおもいます。

雨なのに来てくれてありがとう!みたいなメッセージを空から送ってもらったきになりました。

まぁ、そんな感じで台風が来たりさえしなければ、かなりの確率で飛んでくれる気がしました。

小松の航空祭のパンフレットなんかには

雨天決行

ってばっちりかいてあったりしますし!
スポンサーサイト

iPadから更新

いろいろ言われているfc2ですが、まぁそういうマスコミの報道は無視しまして

fc2ブログのアプリを使っての投稿をテストしてみます。

ちなみに文章はiPadで書いているのですが、さすがに、

スクリーンキーボードは打ちづらいので

物理的なキーボードをBlueTooth接続しています。
あと、画面を横向にしているのですが、fc2アプリの画面が横向になって

くれません。

どうしたもんか。

リモートデスクトップ(Windows7)がつながらない、HomePremiumで使う

とりあえず、以下のようにすれば使える。

step1として、マイクロソフトのパッチ KB 2984972 をアンインストール
step2として、 おなじくパッチ KB 3003743 をアンインストール
step3で、ConcurrentRDPPatcher.exe でPatchボタンを押す

これだけでいいです。
GIGAZINEの
http://gigazine.net/news/20091205_universal_termsrv_dll_patch/の記事は気にしなくてイイです。
(これはつながるつながらないではなく、つなげる数を変える話だと思われます)。

あと
http://seous.info/jobs/windows/1172/
とか
http://orebibou.com/2014/11/%E3%80%8Econcurrent-rdp-patcher%E3%80%8F%E3%81%A7%E6%9C%89%E5%8A%B9%E5%8C%96%E3%81%97%E3%81%9Fwindows-7-home-premium%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%88/
とかに色々書いてます、参考まで。



Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。