スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BTOOM

1356012157540s.jpg
いきなりだが、おっさんだ。
このおっさん、とある所では、BTOOMのヒロインと言われているが(笑)。

このBTOOMだが、いわゆる「脱出ストーリー」である。

もう放映も終わっているので、ネタバレして問題は無いと思うので書くが、

ゲーム会社に拉致された人達が、無人島に置き去りにされる。
爆弾を各自持たされる。
各自、手に「チップ」というものを植え付けられ、これを8個集めると無人島から脱出できる。
チップは無人島に置き去りにされた30~40人が互いに殺し合いをして相手から奪わなければならない、

というのがルール。

で、主人公が男の子で、正義感あふれていて、
ヒロインの女の子も出て来て1356012026988s.jpg
おっさんも出てくる。

1356012698702s.jpg
こっちがヒロインでした。

で、無人島という中で人々が追い込まれ狂気に支配されていくんですね。
まぁこの辺までは、シチュエーションとして想像に難くないんですが。

1356012658485s.jpg

アニメは12話です。

12回しかない。
1356012510556s.jpg

で、最終回まで見たのですが、

1356012658485s_20130519083636.jpg

なんと終わらないんですね!

1356012988544s.jpg

原作のマンガがあるんですが、原作を9巻まで消費したのが、TVアニメだったらしい。


1356012942704s.jpg

一生懸命12話までみて「俺たちの戦いはこれからも続くんだ」的な終わり方を見せられたショックは大きい。

1356013073389s.jpg

ちなみにこの「おっさん」は自爆して死にます。
チップが集まってきたので急に主人公達を裏切りますが、
主人公が「ごめんよ~」と言ったら正気にかえるのですが、
島の生物に喰われそうになり
「これが因果応報や」とか言いつつ
自爆。

1356013027806s.jpg

なんだかんだで出番の多かったおっちゃん・・・。

1356013366362s.jpg

ま、その後は、ヒロインが主人公に心を開いていき・・・

1356013351286s.jpg

見つめ合って・・・

1356013328927s.jpg

リア充になるという。

1356013503008s.jpg

これで「島から脱出」出来れば良かったんだが、そうもいかなかった。

あとチップが1つ必要なのだ。
でもアニメはここまで。

まじか?

みたいな。話として成り立ってない!。
なのに何故アニメ化したのか?
結局、コミックスを売りたかったのだろう。

続きが気になるなら金を払え!的な。

あんまりこういうことをやっているとアニメが廃れるぞ。
大丈夫か。

ちなみにこの爆弾を投げ合って、生き残る、というのは、アニメ内ではネトゲとして流行っていて
世界チャンピオンでもあるのが主人公ということ(あ、世界チャンピオンに勝ったことがあるという設定
だったかも)。

で、この「一般人を拉致って無人島に送り込んでいる」首謀者が、

この男。
1356013533242s.jpg

声優が
ド素人
なのでアニメのおもしろさをスポイルしている気がします。

(ジブリで懲りてないのか)アニメ業界の「素人声優採用による作品クオリティ低下問題」は
どう認識されているのでしょうね・・・。


1356013515490s.jpg

じつは主人公も
声優は、素人があててましたが、上手でした。気づきませんでしたもの。


1356013581328s.jpg


結局、主人公は島から逃げ出せないし、敵キャラもまだまだ活きたままだし、
この企画を構想した本当に悪い敵キャラもまだ全然ピンピンしたまま、
12話の終わりを迎えるわけです。

そしたら「Continue? Yes/No CREDIT0」
なんて表示で終わり。

なんちゅー終わり方や!

話として何も完結してない!

お前らそれでもプロか?!

というのが、今回の感想。

で、さらに「2期」はあるのか?というところだが

おそらく「ない」

と思う。

原作がまだ終わっていないらしいし、

ブルーレイとかDVDも売れそうに無いし

スポンサーがつかないのではないかと


というか、「アニメをみたひとのうち、何パーセントでもいいのでコミックスを買ってくれ」

という制作側の意図が見え見えなので悲しいわけだ。

まぁビジネスなので売り上げ、利益が成り立たないと、どうしようもないわけだが、

アニメを1クール分作る費用を、
コミックスの売り上げでまかなえるのか?

というのがはなはだ疑問である。

だから素人声優を使って製作費用を抑えようとしたのか?

スポンサーサイト

高槻jazz street(2013)

高槻JazzStreetが今年も開催されました。
700以上のバンドがあちこちの会場で演奏しまくりなこのイベントですが、
今回、とっても良かったバンドがあったので紹介します。

まず、初日(5/3)の阪急高槻市駅北側噴水広場(住友銀行の横ね)で、16:00から開演していた
Butter Factory
です。
jassstreet01.jpg

ちょっと寒かったし途中で雨が降ってきたけど、盛り上がった。
メンバーは、

でした。

saxの安藤さん上手かったし喋りも面白かった。でも一番かっこよかったのはbassかなぁ!
jassstreet05.jpg

そのあと同じ場所で
三木俊彦(sax)
さんがボーカル引き連れてやってまして、まぁこのsaxのプレイも素晴らしいものでして…

で、2日目(2013/5/4)ですが、
jassstreet02.jpg

その三木俊彦さんが、出てましてベースがその堀内さんなわけです。
事前に調べて、こりゃ行くしかないでしょう!ということで桃園小学校特設?ステージに向かいました。
ちなみにバンド名は、
三木俊彦の3バカアルト
だそうです。なんちゅー・・・まぁ面白いのでイイかな。
jassstreet06.jpg
こちらのメンバーは、


このライブも非常に良かったです。えぇ。広い屋外ステージで聴いている方も演っているほうもかなり気持ち良かったんじゃないでしょうか。

ちなみに三木さんはCDを出されたみたいですね。
あとベースの堀内さんは、WindJammer というJazzというかFusion系のバンドを組まれていて既にCDを3枚も出されてました。
WINDJAMMER(ウインドジャマー) Official Site|Dr.GOTOO!!! Gt.篠原裕 Ba.堀内正隆のインストロックバンド
あのライブのかっこよさがCDにどれだけ詰まっているかが気になりますね。



さいごに、イベント主催側のリンクを・・・
高槻ジャズストリート


jassstreet03.jpg

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。