スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボイスメモ

ボイスレコーダーを常に持ち歩いている人は居ますか?

あんまり居ないとおもいますが、iPhoneやらiPodを持ち歩いている人は多いと思います。
このiPhone/iPodには、「ボイスメモ」というアプリがあります。
起動するとマイクロフォンの絵が出て来て、録音が出来ます。
録音中は、VUメーターが音量に比例して動いてくれます。

さて、録音した音声を、喋っていた人に送ろうとします。
メールで送ればいいや!と思ってメールで送付!とすると、
「メモが長すぎます」「このメモのより短いバージョンを選択して送信しますか?」
「閉じる/OK」
となってしまいます。
OKを押すと、ボイスメモの「一部」を送るような編集画面というか切り捨て画面になってしまいます。

使えね~~~~


という感じですが、録音した貴重な音声データは捨てたくありませんよね?
こういう場合、下記の手順で取り出せます。

i-FunBox v2.1 | File Manager, Browser, Explorer, Transfer Tool for iPhone, iPad & iPod

上記のi-FunBOXをパソコンにインストールして起動し、USBでiPhone/iPodを接続すると、アプリ上にボイスメモが現れます。
PCにダウンロード!とすると、フォルダ選択画面が現れます。
フォルダを選んでOKを押すとファイルがパソコン上に取り込めるようになります。

ただ、この時点で拡張子が「m4a」となり、普通には聞けません。
(AUのLISMOとかをインストールしていると聞けるかもしれません)

また このファイルを貰った人も、m4a拡張子では困ってしまう可能性が高いです。

なので、拡張子をなんとかしてやる必要があります。

それには、

やったーmp4 to mp3 converter 2.0できたよー - TWILIGHT TWINKLE STAR ☆

を使います。
ソフト名は、mp4tomp3ですが、m4aファイルも対象です。mp3に変換してくれます。
mp3であれば、WindowsMediaPlayerで聞くことができます。
ただファイルサイズが、m4aのサイズに比べて倍になる点が、難点といえば難点ですが…。

ちなみにこのmp4tomp3では、動画サイトからダウンロードした動画などから音楽だけを抜き出すこともできます。
スポンサーサイト

Digion DIXIM DIGITAL TV Plus vs. softDMA(Cyberlink)

当ブログとしては、 Dixim Digital TV Plus が一番良く、イチオシです。
ですが、CyberLink社のsoftDMAもある程度売れているみたいなので、ここはなんとしても Dixim Digital TV Plusを推さなければ!なりません。やはり「良いモノが売れる」ことが、世の中のためになるのですから!。

ということで、DigiOn Dixim Digital TV Plus が良い良い!と唸っていても、ラチがあきませんから、ここは、理論的に表形式での比較をしてみます。

/Tr>
DigiOn Dixim DIGITAL TV PlusCyberlink SoftDMA 2備考
【Link】DigiOn|DiXiM Digital TV plusDTCP-IP対応録画した地デジ番組をストリーミングで再生 - SoftDMA
【価格】\5,980.(ダウンロード販売)\4,980.(フルバージョン)どちらもめちゃくちゃ高いというわけではないですね。機能差を考えたらどう考えても1,000円の差なんて安いものです。
【対応機種】DigiOn|DiXiM Digital TV plus対応機種一覧リンクDTCP-IP対応録画した地デジ番組をストリーミングで再生 - SoftDMA対応機種リンク対応機種があらかじめ判っていれば安心ですね。DigiOn Dixim Digital TV Plusの方は豊富な機種一覧が掲載されていて、メーカー側のやる気が感じられていいですね。それに対してsoftDMAは、やる気が全然ありませんね。どういうつもりで売っているんでしょうね。買う側の気持ちをしっかり考えてページを作成すべきでしょう
【体験版】ありなしメーカーのやる気はここにも現れています。買う前に動作環境を確認できるのは、DigiOn Dxim Digital TV Plusです。softDMAのほうにも動作環境確認ソフトはありますが、これが動いたからといってソフトの動作保証がされるものではないのです。買うしかないのが、softDMAです。一度買ってしまったら、動かなくても諦める人も多いのを期待していたりするのでしょうか?
【ダウンロード販売】ありありどちらもオンラインで今すぐ手に入ります。ただ、経験上古いパソコンでの動作は厳しいので、体験版等での確認をしたほうがいいでしょう。古くないパソコンでソフトが動かない場合、DIXIM DIGITAL TV Plus 再生できない トラブルについて(2)この記事を参考に調べて対応すると動くかもしれません。
【インストール】普通。処理時間も短い普通ですが、やたら時間がかかりますインストールは、大差ありませんが、Dixim Digital TV Plusのほうが速く終わります。softDMAは時間が凄くかかりました。あと、Dixim Digital TV Plusは、TCP-IPドライバーやサービスのインストールをしたり、ファイアウォールの設定までやってくれます。
【起動後の番組取得】速い遅い1000個近い番組を録画したデッキから番組一覧を取得する時間ですが、全然違います。softDMAは遅すぎて話しになりません。
【番組の検索機能】ありなし文字列を入力して番組名を検索する機能ですが、DiximDigitalTVPlusにしかありません。専用HWでも出来ないこの機能は非常に希少価値が高いものです。
【番組の絞り込み機能】多彩。曜日、時間帯、チャンネル、ジャンルで絞り込み可能。なし。番組が溜まったときに見たい番組を探すのに苦労するわけですが、この点でも DigiOn Dixim Digital TV Plusは万能です。曜日とチャンネルで絞り込めば、シリーズ物は、簡単に一覧化されます(ディーガなどの番組まとめ機能と似た感じになります)。softDMAは全くこの点で使いモノになりません。番組を溜め込む人は、DigiOn DiximDigital TVPlusを選択する以外の手はありません
【再生ウィンドウサイズ】フルスクリーン~小サイズフルスクリーン~中サイズブラウザを起動したままビデオを見たりするとき、再生ウィンドウのサイズを小さくしたくなります。再生ウィンドウの最小サイズですが、Dixim Digital TV Plusのほうが小さくできます。つまり他のウィンドウを大きくできる【余裕】が大きいことになります。
【再生中の番組情報表示】ウィンドウでは最初は表示されていますがそのあと消えます。マウスをもっていくと表示もされます。フルスクリーン時は無し。確認ボタン(i)を押して確認することも可能画面のボタン押下で再生が一時停止して表示。通常は無しこの番組、何話だっけ?みたいな確認をしたいとき、番組タイトル等を見れば判ることがあります。DiximDigitalTVPlusは、ウィンドウ時は常に表示されていますし、そのためのボタンもあり、いずれを操作しても動画再生が止まることはありません。softDMAは専用ボタンがありますが押すと再生が止まってしまいます。この動作には好き嫌いがあると思いますが、止まらないほうがより高機能だといえます。
【スキップ機能】ありなしDiximDigitalTVPlusは、CMスキップが簡単です。30秒ほどスキップしてくれます。スキップ戻しは10秒単位になっていてきめ細かく戻れます。もちろんインジケーターバーでの操作も可能です。
【スピード再生/スロー再生】ありなし忙しい時にスピードを上げて再生するという事が、DiximDigitalTVPlusは出来ます。最近のDVDレコーダは出来ますが、ソフトでも可能になったようです(softDMAはできませんが)
【レジューム再生】ありなし途中まで再生したビデオ再生を停止した場所から再生再開する機能です。便利な機能です(softDMAにはありません)。
【視聴済みの管理】ありなし大量に溜め込んだ番組を見たかどうか、いちいち覚えていられません。その点をソフトが覚えていてくれる機能です。これは非常に重要な機能なのです。DVDデッキ側にもこの機能がありますよね。DigiOn Dixim Digital TV Plus はちゃんと管理してくれるので、助かります。
【サポート】メールでのサポート有り(未経験なので判りません)ソフトを買った後に動かない等の問題があった際、相談する窓口がサポートです。DigiOn DiximDigitalTV Plus は、サポートが非常に丁寧で粘り強く、大変助けられました。年末年始にもメールを下さり最終的には問題が解決しました。非常にたのもしいサポートがあります。


画面ショット(スクリーンショット)


DiximDigitalTVPlus1.jpg
↑DigiOn Dixim Digital TV Plusの番組選択画面です。水曜日、チャンネルABCで絞り込んであります。他にも絞り込み項目がありますが、わかりますか?

DiximDigitalTVPlus2.jpg
DiximDigitalTVPlus3.jpg
↑再生ウィンドウです(番組の映像はスクリーンショットに入っていません)。上下の枠のボタン類は再生スタート後に消えます。


cyberlink.jpg
↑softDMAの画面です。青のグラデーションが綺麗ですが、機能は全然ダメダメです。デッキには1000個以上の録画番組があるのに、まだ13個しか表示されていません。最新の番組が一覧表に出てくるまでに何分かかるか判りません。

cyberlink2.jpg
↑softDMAの並び替え方法の表示です。絞り込み機能は無いですが、ソート機能だけは付いています。ただ、日付順か名前順かを選べるだけです。ソフトの機能設計をまともにやったとは考えにくい機能です。こんなものが売れてしまうこと自体、間違っていると思います。

ちなみに、デッキは、 Panasonic DIGA DMR-BZT800 です。若干古いですね。もっと新しいデッキとの組み合わせであれば、softDMAにも良い面があるのかもしれませんが、ソフトを購入して操作してみた感じでは、デッキの性能が向上してもsoftDMAの操作性が良くなる可能性はみじんも感じられません(正確には、当方で購入したのは、 softDMA 2 です。)。

あと、ネットワーク経由で録画番組を見る手段としては、
SV-ME1000 | ポータブルAV | Panasonicというものがあります。
この機械は、DIGAの機械が新しいと、まとめ番組表示などが出来るようですが、うちではできませんでした。まぁsoftDMAよりはマシな操作性なので使っています(タブレットとして使えます。カーナビにもなります)。
panasonic_viera_1seg.jpg

DIXIM DIGITAL TV Plus 再生できない トラブルについて(2)

Dixim DIGITAL TV Plus であるが、これは非常に素晴らしい機能を実現した、ソフトウェアです。
地デジを録画したデッキの番組をパソコンで見ることができるのです。
操作性も素晴らしく良いです。
番組タイトル名で検索したり、曜日やチャンネルで絞り込んだり出来ますし、
30秒スキップ機能も付いています。
もちろん未視聴管理が出来ていて、一度見たら、「未視聴マーク」が消えます。
あと、Webで買うことが出来る!いますぐ欲しい!と思ったらダウンロード版を買えばいいです(ただし
あまり性能のよくないPCでは見れないので動作環境には注意しましょう)。

それと類似品で CyberLink社のSoftDMAというものがありますが、これは地デジ録画は見れないので注意
してください。操作性も最悪で買う価値はありませんが、そもそも「見れない」という点を情報として開示して
いないので、だまし討ちに近いものがあります。
買うなら DigiOnのDixim Digital Tv Plusに限ります。
訂正softDMA2で地デジを見ることはできました。初回に「CDキーを入力しなさい」と言われますが、
それは購入時に付いてきた情報(ダウンロード販売だと最初のメールに書いてある情報)を入力することなの
でした。私はそれが直ぐにはピンと来ないで、番組ファイル毎に何か情報が必要なのかと勘違いしたのでした。
ただ、SoftDMAと、Dixim Digital TV Plusを比較すると、全然機能的に Dixim Digital TV Plusのほうが高機能です。なのでやはり買うのは Dixim DIGITAL TV Plus が正解。
参考までに●SoftDMA2とDiXiM Digital TV「DTCP-IPクライアントソフト比較レビュー」 - レグザREGZA研究こちらでも比較できますよ。




ただ、このソフトは、今、マイクロソフトのWindowsのパッチの影響を受けていてうまく動かない状態になっています。マイクロソフトのとあるパッチをアンインストールすれば問題ない事については前の記事に記載した通りです。

私の場合、上記のパッチ問題に気づく前に、色々と試してしまって余計トラブルが長引きました。
サポートさんに助けて貰い、最近ようやく復旧しました。
私のようにハマってしまった人の為にも、下記の情報を掲載しておきます。
要はWindowsのDRM(デジタル著作権管理)機能を動くようにする手順となります。
------------------------------------
WindwosDRMの問題につきましては、下記2つの記事で紹介されている復旧策をお試しください。
表題が本件とは異なりますが、DRM情報を復旧させる方法が載っています。

-------------------
[1]『事前構成された Windows 7 コンピューターでは Windows Media DRM で保護された
ファイルまたは Zune DRM で保護されたファイルを再生できない』

http://support.microsoft.com/kb/976590/ja

[2]『Windows Media Player 11 を使用してデジタル著作権管理 (DRM) で保護されたメディア
ファイルを再生しようとしても、メディアが再生されないことがある』

http://support.microsoft.com/kb/925705/ja
-------------------

[3]下記のスレッドも参考になります。

『Windows Media Player 12 における著作権保護された動画ファイルが再生できない件について。』
- Microsoft Answers

http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-pictures/windows-media-player-12/ff6894a8-3eb2-4aaa-aaae-bb6f39d15457

-------------------
私の場合、まず一つ目[1]のRDM環境リセットツールを実行しました。
それから、%SystemDrive%\ProgramData\Microsoft\Windows\DRM のフォルダを、戻しました(というか、ヘンに名前を変えていじってしまっていたのを戻した)。
それで環境が復旧しました。

いろいろ・・・

2012年が終わった。

いろいろありました。

とりあえず、2012年最後の日は、昼間は、買いもの。
年越しそばとか、お正月のおせち料理(といっても黒豆とか金時豆とかだけですが)、
それから衣類(下着とか靴下を毎年大晦日に補充)、本とか。

帰宅してからは、紅白とガキ使を切替つつ、TVをつけて、
年越しそばを家族と食べて
あとはお風呂入って
寝ながらTV見て寝入ってしまった。

年末年始のカウントダウンをメイポに入ってみようかなとか
色々考えていたが、寝てしまった。。。

目が覚めたのは1/1の午前4時。でもすぐに寝て8時くらいにまた目覚めて今に至るという。

朝パソコンを付けたところ、ニュースで言っていたが、
2012年は日本の人口が本格的に減少したらしい。

東北の震災をのぞく、という注意書きがあったので、東北の震災って何人なくなったのか、
Wikiを覗いてみた。1万5千人を超えていた…。3万とか報道していたのはだいぶ間違いだった
のね。
しかし、どんどん赤ちゃんとか子供の数が減り続けるというのは、、
どういうことなんでしょうかね。人類にとっては初体験?

じつは会社がそういう状態になったことがあって(新入社員の採用を控えた時期があった)、
そういう状態のとき、みなが単純に年を取っていくだけなのです。
新人が入ってこないから、何か問題かというと、人員構成は変わらないので、違和感が最初は無い
んですよね。でも何年か経つと、いわゆる若手が若手ではなくなってくるけど、比較すれば一番若手
という状態。つまり、年寄りも年寄りと認められなくなる・・・ことです。
でも!
実態として時間は経過するし、古くならない物はない。世界は同じ時間の進み方なので、
結局、世代交代がうまくいかなくなって、ひずみが出てくる…

これが、国レベルで起きるとどうなるんでしょうね…

事は単純にはいかないだろうし…

心配しても仕方が無いのかもしれないが…

そういえば、紅白を見ると毎年、「あ、いいな」という楽曲を発見するのだが
今年は、「ももクロ」が「それ」かも・・・と思ってたんだが、
あんまり来なかった…
とおもって油断してたら「きゃりーぱみゅぱみゅ」は結構キタ。
中田ヤスタカ偉大
である。
CD買おうかと思ってしまった…

しかし昨年末、Dixim Digital TV Plus が見れなくなったのは困った。
結局、前回記事にしたKB××をアンインストールしても、見れない状態は変わらない…
開発元では調査を続行していたが、結局2012年内の解決をあきらめたとのこと。
詳細はhttp://www.ask-support.com/askware/?p=485
地デジ関連は、著作権保護に関するプロテクトが著しくて困る。
不便だ。

というわけで、
panasonic_viera_1seg.jpg

こんなものを買ってしまった。
Panasonic SV-ME1000です。
これは、無線LAN(Wifi)タブレットです。
アプリが入っていて、地デジレコーダー(BDデッキ)の録画を見ることが出来ます。
Panasonicのディーガ(DMR-BZT800)を使っていますが、けっこう快適に見れます。
番組が多いと検索が大変ですが。
キーワード検索とかタイトルでまとめ表示とかが出来ると良いのですが、
デッキが古い?からか、出来ないです。
それと音はイマイチ。
ヘッドフォンをつければ問題ないので、スピーカーがショボいだけなのでしょう。
お風呂に持ち込めるのがウリなので、スピーカーに凝ることはできなかったのかも。
それからコレは、デッキで録画が始まると見れません…
なぜだ~。
Dixim Digital TV Plus は見れたのに…
検索機能とかも Dixim Digital TV Plus は非常に優秀だった…
現時点ではまともに見れないので辛いが…

あと Panasonic SV-ME1000 で面白いのは、地上デジタル放送をそのまま転送する機能があること。
つまりディーガで受信したTV放送をタブレットに転送して見せてくれるのだ。
家族が別の番組でTVを占領しているときに、自分はタブレットで別番組を見るという事が可能…
ただ、やはりデッキで録画しているとこの機能もエラーになってしまう…

仕様なのでしようがない・・・

とかダジャレ言っている場合ではありませんが。

そーいうわけで地デジのパソコン用チューナーを使ってTVを見ればいいんですが、
ちょっと重いんですよね。
ソフトが。
起動するのに時間もかかるし
たまに起動失敗するし
B-CASカードが抜かれたとかエラーだすし

というわけで、ワンセグチューナーを復活させました。
BUFFALO社の DH-KONE/U2V という機械です。
写真
たぶん。

これのドライバーを入れるのが大変でした。
購入時の添付CDが見当たらないので、Webで検索したらBUFFALO社は気前よく全てのドライバーを
インターネットでダウンロードさせてくれる。
チューナー本体の型番を見たら「DH-KONE/U2・・・」と書いているので、
DH-KONE/U2 のドライバーをダウンロード。
USB機器を挿す前にドライバーソフトをインストールしなければならない事は覚えていたので、
まずダウンロードしたドライバーソフトを起動。
それから画面の指示に従ってUSBのワンセグチューナーを挿し込む。

しかし、「ADSBDTVソフトが必要!」
とか言われてエラー。

何回やり直してもエラー!

それで仕方ないのでUSB機器を見直してみたら、「DH-KONE/U2シリーズ」とかって書いてある!
もしかして、型番が違うのか!と思って
DH-KONE/U2V
(Vが付いた)でやってみたら、あっさりうまくインストールされた…

うーむ。

製品のシールに曖昧な型番を記載するのは止めて欲しかった…

気づかなければ、永遠にワンセグ視聴は出来なかった…

とりあえず今は、問題なく見れています。。。。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。