スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガシャ

友がガシャで封印錫杖を出した。
LV102の棒(魔)だ。
これを委託販売したが、なんと一億メルを超えた。
封印錫杖
上記の30Mでは売ってません。


正しくは105M(一億五百万)メルだった。

一晩で一獲千金である。
一億メルの取引

こんな記事を書くと誰もが夢を見てガシャをするかもしれない。
ただ忘れてはいけない、これは単なるコンピューターの乱数なのだ。確率論では、奇跡的な低い確率はゼロとみなす。

ガシャに溺れてはいけない。

ま、せいぜい書くらいを狙いましょう…結局儲かるのはあの会社だし。
スポンサーサイト

グロスヤガ(Ⅲ)

プラシーボ効果かもしれない、と書いたがやはりその通りだったかもしれない。

この土日にレベルは72になり、ストレイフとパペットとモータルブローをそれぞれ1ずつ修得した。
ストレイフのまさにマシンガンを撃ちまくる様な快感は、これまでの苦労を忘れさせるのに十分なものであった。
アイスショットとの組み合わせは強力で更に感激をもたらした。
ストレイフぶちこみ

鬱蒼としたスリーピーの森の中突進して来る巨大なD.ゴレ。対峙し、退かず怯まず、光る矢を銃撃するが如く撃ち込む。手にした弩は蒼白い輝きを放ちながら光の矢を紡ぎだす。
矢は四本ずつ流れるようにゴレムに向かい直撃する。
雄叫びをあげて崩れ落ちる巨体。
弩は冷気を放ちながら妖しく輝く。まるでモンスターの精気を冷酷な微笑を携えながら吸収しているかの様に。
ゴールデンクロウ

弩をグロスヤガからゴールデンクロウ(強化)に交換してみる。意外にも速く且つ強い。
この前のは思い違いか、と思った。
やはり数字が正しいのか。

グロスヤガ(Ⅱ)

ふくろうを使うとあっさり見付かった。
わいわい騒いでいたわりには二つも売っていて価格は200万と60万だった。
とりあえず安い方を購入。
見つける事が出来て嬉しいあまり露店に書き込みまでした。
ふくろう

10%書は5枚連続失敗。
強化失敗

というかとりあえず先ずはチキン強化でも良かったのかもと後悔。
素の攻撃力が83なのでチキン強化で90となり、手持ちのゴールデンアロー93に3足りないだけになるからだが。
書なんて云うモノは貼る前は成功する事しか考えてないので、後悔先に立たず、である。
とにかく実戦でのためし撃ち。

ゴレ森で狩り。

時給を計測。

240K/H

これは攻撃93の弩のときより少し良い。
感覚的には射出間隔が短い気がする。速さは『普通』のはずだが何か違う。三次用でストレイフでの使用に備えて早くなっているのか?
見た目はデカイので武器アバタを着けないと顔が良く見えないが銃身が長くて撃つ絵はかっこよい。
あとノックバック確率が上がっておりゴレ達も押し戻し易い気がするがこれはプラシーボ効果かもしれない。
あとは200万のを買ってチキン強化をするかどうかか。

グロスヤガ

私はLV70になるかなり前にあらかじめLV70武器を用意していた。
それはパーノチューブとグロスヤガである。
パーノチューブは要は浮き輪で単なるネタ武器。

本命はグロスヤガだった。
これは同じギルドの人のエルフ店から購入した。
グロスヤガ

そして

レベル七十になった。
漸く持てるようになったグロスヤガ。だが今使っているLV60用の弩が強化(半)成功品で攻撃力が+93もある。(もっと鬼強化もあるかもしれませんが)
この攻撃力はLV90用のアーキアプテリスクに匹敵する。
グロスヤガは素(す)のままでは+83なので全然足りない。
強化しないわけにはいかない、と思っていて弩の書も集めていたが、その中には呪い書もあったのだ。
闇らせるわけにはいかない唯一の武器。だが攻撃力が足りない。それでついつい呪い書を貼ってしまった。

(まぁここまで書けば推測がつくと思うが要は)
ゴールデンクロウ

闇った

のである。

悔しいのでもう一つ探した。だが迂濶にも再度闇らせてしまった。
バカ(-.-;)

アァ愚かなり。

ノックバックの確率が上がるだけでも存在価値はあったのに。

いまはポプラのフリマの何処にも無くトレードにすら無いグロスヤガ。

幹部Bがドロップするらしいが。

呪い強化はレア武器には禁物というのを身をもって実感しました。
皆さんも気を付けましょう。

文章について

じつは最近ケータイからブログへ書き込みしている。
(メールを送ると記事になる)
そのため、日本語が少しヘンである(どうしてもキー入力が減るような文章になりがち…)。
もうしわけない。
やはり、ケータイのキーは入力機器としてはかなりよろしくなくて、キーボードがいいのだが、時間が無い身としては、電車の中でのブログ記事作成が意外と面白くて良い。
あと、通勤時間をつぶす、という意味に於いても良い…。
(読書もしていたが、最近は小説類を買ってないからな…買ったのは回帰分析をEXCELでやる本くらいか。。。。)
携帯電話(凶華様の能力ではない)

そういえば、日本語といえばとあるギルドでの話だが、
色々トラブルがあり、規約を考えよう!ということになったのだが、ギルマスの文章力が弱くて何を言っているのか、相手に伝わりにくい文章で困っていたら、ギルメンの人で文章が上手な人がいてその人が掲示板に書き込みをしたら凄くわかりやすくて良かった云々、というのがあった。
(私はそのギルドには属していないが、友が属していた。)
よくよく聞いてみるとギルマスは大学生で、文章が上手なのは、高校生(受験生)だったらしい。
年齢とかとは無関係、読書量や勉強量に依るのでしょうね、文章力は。

というか、そのギルドのギルマスの文章力がひどすぎだっただけというオチかなぁ?…。実はその人のブログをよく読むのですが(画像が多くて面白い)、文章は読み返してない気がかなりします。推敲って大事だよな。でも自分で気づかないとね。人に言われてもやらないよね。

転職3rd

前の記事の続き。
3次転職官レネ

LV70になったので三次転職が出来る。
そのまえにSPを全部振っておこう。
弩はEXアタックを死にスキルとするといくらか余る。
私はフォーカスに振った。この事の是非はともかく余っているとレネに断られる(振ってから再度レネに話かけるだけだが)。
そしてエルナスに行く。市場の入り口を入らずに奥に行った所の上方に転職の為の建物があるので入る。

このあとの流れを大まかに書いておくと…

エルナスでレネと話す。

→ヘネシスでヘレナ様に会う。

→ゴレ森の手前のスリーピーダンジョン5に行く。そこで次元の扉に入る。

→ヘレナ様の分身と 戦う。

→ヘレナ様に会う。

→エルナスに行き再度レネに会う。この辺で闇クリスタルを精錬しておく。

→閉坑に行く。

→5角形の石のところまで行き、問題に答える。

→三たびレネに会う。
→転職が完了する。

といったところだ。
話の見通しがついたところで続きに戻る。

レネにヘレナ様に会えとまずは言われる。この後何回もヘネシスとエルナスを飛び回るので、ここはスピネルと、キノコ神社へ行くイチゴ牛乳を活用すること。
わたしはうっかりルディブリアムから海を渡ってエルナスに来て、その状態でイチゴ牛乳を使ってヘネシスに行ってしまった。そのためホームがルディの状態のまま転職を始めてしまい、アクエリアムを泳ぐ(ルディ→ヘリオス塔→下町→海→エルナス)ハメにあいました。
レネ様→ヘレナ様

次にヘレナ様に言われて分身と戦うのですが次元の扉は職業ごとに違う場所にあります。私は間違えてアリの巣の奥にある24時間屋台の奥の次元の扉に行ってしまいました。戦士の転職用の場所。

弩の場合はゴレ森一個手前です。(アリの巣は戦士用ですね。他はわかりません。)
弩使いの3次転職はここから

次にヘレナ様の分身と戦うのですが、何とタウロマシスを召喚してくださいます。あぁそんなごむたいな。強くてこまる。
でも理由はすぐ判ります。分身様は弱いのです。だからタウロマシスなんちゅう輩を召喚するわけです。
ここで死んでもまたチャレンジできますが(実は私は一回墓をドロップしました)なるべく沢山の食糧(HP補給)を持ち込み死なないようにしましょう。私も二回目はタウロマシスさんにやられない様に食べまくりました(軽く100個くらい消費してしまった)。
3次転職の会場w

分身を撃ち負かすとさすがのヘレナ様もびっくりしてくれます。タウロマシス仕掛けたくせに~、とか思いつつ。
転職試験の戦闘後のヘレナ様

さてイチゴ牛乳でキノコ神社に行きスピネルに話しかけます。うまくやっていれば「エルナスに戻りますか?」と出ますので、エルナスに行き再度レネに会います。
試験問題を受ける前のレネ様

次は学科試験を雪山の中で受けてこいと言われます。試験会場は閉坑を入ってから二つ先にある五角形の石の場所です。ある意味ここの方が難関かも。
3次転職筆記試験のスタート
試験には、時間制限はありません。ただし問題が非常に細かい、些細な事を聞いてきます。
あらかじめサイト(カンニングねたが置いてあるサイト)の問題と答えページを印刷しておくのは必須です。でも問題の種類が多いので答えを探すのに苦労します。
私は不安だったのと印刷が面倒だったのでもう一台のパソコンを用意し更にノートとペンを備えてから受験しました。
カンニングサイトの問題文が微妙に違ってたりしましたので、メイプルの雫(3)で調べてウラを取ったりしました。(この調べるときに、ノートとペン:紙と鉛筆が役立ちます)。

これに正解すると転職プロセスが完了します。レネに会いに行くと念願の三次スキルとSP1をくれます。私は迷いましたがアイスショットにしました。ストレイフでも良かったかも。

三次転職

ぽぷらサーバ、クロスボウマン588位
上記が最近最後に見たランキング情報。ただ最近はランキング
情報が無い。
とりあえずそういう状態で且つレベルが67で週末を迎えた。
本来ならば海へ行ったりと忙しい週末のはずだったが、台風が
来た。


降り続く雨。

ゲームをやるしか無いような状況・・・・。

というわけで、ある程度狩り時間を確保できたので、狩りに。
ゴレ森にこもる。

67→68は貯めていたEXPもありすぐだった。
その後、68になってから河童に。

でもうっかり姫MAPにとびこんで姫接触、即死、のパターンを踏む。お守りが無かったら悲劇だが、お守りを消費して耐える。
姫にうっかり飛び込んで墓の図

土曜日のうちに69になりたかったが、達成できず。
あと河童狩りもやめ(お守り浪費防止。)

日曜日、台風通過ということでじっくりゲーム。
またまた朝からゴレ森籠もり。
69ということで来る人からがんばれと声援を頂いたりする。
籠もり続けているとパーティメンバーがどんどん変わる。一人になっては効率が落ち、3人になって効率があがり…%は上がり続ける。
アイアンアローで頑張る2次弩

あと少し、あと少し。
寒い2月に転職、火力と3次のイラプを夢見てクロスボウマンを選択してからの長く辛い2次生活ももうすぐ終わる!

日曜日の午後は台風一過で晴れ晴れ…。
まぁ風が強いので外出は避けた方がいい感じ。
あと20%をきった位で、パーティの人が助っ人を呼んでくれる。3人パーティになる。
狩り中「@何%?」と聞かれては「18%」「11%」と答えてどんどん狩り。薬きれて予備のエリクサーに切り替え、さらに狩り続ける。薬屋なんていってられるか。ジョイパッドもじゃっかん調子がおかしいが調整している間が惜しいぞ。
残り1%になってから、パーティの狩り効率が飛躍的に高まる。99.85%、99.87%、99.91%・・・・

(LvUp音♪)

あっというまに70Lv達成・・・あ、スクリーンショット取り損ねた!!!!
3次転職目前のレベルアップ

パーティの方々にお礼。SS保存。
友やギルの方々に報告。
友には叫んでも頂きましてありがとうございました。

で転職手続き(というか、試験)へ。

ここからは、ネット上の情報量が少ないような気がします。3次転職まで達成される人が少ないから?それとも私の見ている弩師関連のサイトの傾向?とにかく記録を残したいと思います。が、ちょっと休憩(というか次の記事ということでいったんお休み)

資金繰り

薬が無いと戦えない事に気付いた時はどうだったか。
RPGなんてそんなもんだ、という人は良いが私はかなり愕然とした。
ただ最初は偶然にも金というかメルに苦労しなかった。

ただそうもいかない場合も多かろう。

今回はそういう話だが、結局ポイントが必要なのでまぁ期待しないように。

というかぶっちゃけ云うとガシャなのである。

きのこ神社でガシャを11回やり書をゲットしてエルフで売るだけ。

友でこれをやり一晩で1500万を稼いだのを見た。

LV25にしては金持ちになってしまい世界が変わった様だった。

まぁ出た書が良かった。とうてきとか短剣とかマント知力とか。
高額品ばかりで

しかもエルフ商店の立地が良かった。6だった。

二晩でたぶん2000万くらいはいったかと。
エルフ商店のネシェル

金がかかるから誰でも出来るわけではないし運が悪いと売れないモノばかりがガシャから出てくるかもしれないが、とりあえずこんな話もあると…
(画像はたまたま見かけた弩の100レベル武器、ネシェル。)

レベ上げ

週末は長めにINした。で貯めていたEXPもあってLVは二段階上がった。
漸く67で三次が少し見えてきた感がある。
二次のクロスボウマンはたいてい『辛く長い』と云われるが、意外にもラクだったかも。
ざっと振り返ると…

LV31
このころはカニクエ最終段階か。慣れてきてグルクエの楽しさを満喫
狩り場1で狩りまくり。弓矢撃ってないよコレー

LV32~38
最初の暗黒時代かもしれない。ルディクエもいきなり35で弩にはつらい。
とりあえずヘクラーが使えるまでは孤独に狩りしてました。主な狩場は蟻の巣とジパングの狐と狸
弩師暗黒時代その1~レベル38

LV38~51
この辺りからはひたすらルディクエですな。最初はなかなか入れて貰えませんでしたね。弩師が珍しいというだけで呼ばれたのは幸いだったかも。アイアンアローに感激されて恥ずかしいような嬉しいような。
だいたい5回~20回で1LV上がります。だから普通の狩りと比べると驚異的な効率です。まラスボスのモメガ戦で死ななければ、という条件付きですが。
あと面倒なのがパーティを組むところ。
人がいないと駄目だし盗賊と魔は必須。
その二職が居ない時は『モチコ可』な人を探す。
人が集まってて人数が足りてても誰もリーダーをやらなかったりする。
せっかく六人集めてもすぐ落ちたりする。
ルディクエ

そんなこんなでクエストの合間に時間というか手間がかなりかかったりする。

あと、いいパーティが組めてもそのパーティで何回もクエストが出来ない事もある。
夕食だの風呂だの寝るだの出掛けるだの親に怒られただのと。
モメガ戦。楽しいよね。

だからナイスなパーティで何回もクエストをこなすと感動的に楽しく陶酔できる。

因みに音楽はミュートして好きなCDかけてました。これは基本かな。

LV52~59
ここは第2の暗黒時代かな。
オルクエがあるけど死にやすいからかあんまり開催されない。
あと迷路は道を覚えられず。オルクエのパパフィクシ戦。墓ってる人も。超有名人も。

で弩師はこの辺からゴレム道が始まります。
ルディクエの報酬で金持ちになり、強化品で戦いに挑みますかね。
最初は寺院で狩りました。眠くなりますが、たまに書もドロしますし、何ともかなりの黒字狩場なのです。
ゴーレム寺院での戦い

潮干狩り

ギルドとは
Wikipediaでこのように語られているが

メイプルに於いては「職業・レベルに依らないゲームプレイヤーのつながり」と言った感がある。

インターネット時代になり、Webサイトの掲示板を通じて集まったり、メーリングリストを通じて集まる等、いろいろなところで人が集まるようになった。

私もとあるメーリングリストを運営しており、そこで人を集め、コミュニケーションの輪を営んでいる。

そこで思ったのは、メーリングリストなどの場合、メールアドレスがお互いに判っているというのもあるが、みな、礼儀正しく、大人(おとな)である、ということだ。
(掲示板のみだと、匿名で参加できたりするので、若干違うのかもしれないが。)

そういうのを知っている状態でメイプルのギルドに参加すると、少し驚くことがある。

  • すぐ感情的になる(自制がきかない)
  • ルールが無い(独占主義、レベル至上主義など)
  • 個人情報に関する気遣いの欠如(誕生日や住所がチャットで流れる、等)

やはり、子供が多いということか。
子供とは…20歳とはいわなくても15歳(元服)までは子供だろう。
そういう子供=年少者がゲーム歴が長い為にレベルもありメル資金的にも余裕があるためにギルドマスターであったりする。
だが、人を集めて統(す)べていくというのは、じつは大人でも大変なことだ。
だから結局
人を集めただけ
になってしまうのが多いのではないか・・・。
イベント(ギルクエも含めて)をきっちり開催するとか
メンバー管理するとか
意外に大変なのだ。
(実際にちゃんと出来ている所はものすごく少ないと思う)

ギルドマスターのレベルを追い抜きそうになってギルドを辞めさせられた人を見たことがある。この人はその後、二度とログインしなくなってしまった。
よほどイヤだったのだろう。
だが、ギルドマスターの度量というか人間の大きさに問題があったのであり、本人に悪いところは一切なかった。
せっかくレベルを3次転職付近まで上げたのに、ギルドをやめるだけでよかったのかも、と思ってしまった。
(レベルアップも速いひとだったのでいまごろは別キャラでやっていると良いが。ちなみにこのギルドの知り合いは私を含めて皆やめていった)。

個人的には、ギルドマスターというのは、ある意味、中小企業の社長かと思う。
中小企業の社長さんというのは、じつは大変で、
人集め、金の工面、仕事をもらってくる、等々をひとりでやっている場合が多い。
工場に居る職員の人は、社長が取ってきた仕事をこなし、社長が工面した金から給与を貰い、社長が選んだ新入社員を育てたり、と、全て社長が引いた道を走るだけである。
メイポのギルマスの場合、まず人集めは、副マスターにゆだねることが出来る。だが、副マスを誰にするかは、マスターが決めねばならない。副マスがちゃんと人を見極めないと、ろくな人が入らない。そうすると、「今度入った、××さん、素行が悪い」という理由で既存のメンバーが辞めていったりする。

金の工面については、ギルドの場合、初回の設立時に150万、マークを付けて550万、メンバー枠を増やすのに・・・?万と社長たるギルマスの出費は多大なモノになる。
あるギルドではメンバーから募金させていた。まぁこれもどうかとは思うが(私は募金しなかった(笑))。
別のギルドでは給料を出すとか言っていたことがある(このギルドはなくなってしまったが…)。

あと、ギルドの場合、仕事というものは無い。

だが、そのギルドに所属している意味を見いだす、というのがあると思う。単に内輪が集まっているだけのギルドもあるかと
思うが、メンバーが固定でいつもチャットのみ、だと、飽きてくる(かもしれない・・・)。
だから「ギルドのメンバーでなにかをする」ということになる。
こういうイベントで盛り上がると、ギルドが楽しくなり、加入している意味を見つけることが出来る。

でもこういうのは、かなり大変だと思う。中心になる人が複数居れば分担できるが、ギルマス一人だとなおさら大変だ。
とくに社会人の場合は時間が無い為、INすらできないのにどうやってまとめるの?となりかねない。
ギルクエをやるにしても日時を決定して人を集める、他のイベントをするにしても各員の予定を確認して調整がうまくいかなければ延期したり。
ただこれは頑張った分、ギルマス、ギル員の得るものはあると思う(プライスレス)。

他に諸事として「友がギルに入りたいのでいれてやってくれ」とか人集めの拡声器とか、定期的に集会を開いたり、規約を作ったり、Webサイトを構築したり、・・・。

まぁ色々あって(完璧を目指すと)ギルマスというのは大変だなと思うが、
完全な運営をしなくてはならない、というワケではないし
適当でも各員が楽しければそれでよいのかと思う(最後はコレかよ!自己ツッコミ)

とりあえず今私は、今居るギルドに非常に満足している。文句を書いているのではありません。色々ギルドを移ってきましたが、いまのところはこのギルドに骨を埋める覚悟(?)でいます。
(たぶんまだウチのギルドは人を募集しています。気になる人はリンクを探してみてね。)

で、リアルライフでの土日だが、ギルドみたいなものがあり、そこの
開催イベントで潮干狩りに行ってきた。
土曜日は準備として、熊手(くまで)を買いに行った。近くのコーナンに駆け込んだが、潮干狩りシーズン?なのか、売れ残っていたのは大型の熊手のみ。片手で持てるが、杖で無い部分(金属が手の様になっている部分)が、大人の手のひらのサイズより大きかった。「まるで武器だ。攻撃力+15くらいはありそう」

買い出しが夜になったためそのまま夕食。だが明日の潮干狩り本番で弁当を作らなければならないということでその食料を買うために近所のジャスコへ。夕食もジャスコで済ませた。
そんなこんなで6/30の20時の2倍タイムはINできず。

で翌日。朝8時集合ということで7時20分くらいに子供をたたき起こしてバスにのり、三重県の津市の御殿場という海水浴場へ。潮干狩りもできるというか、今の時期は潮干狩りメイン。私が所属するギルドみたいなものの今回の人数は68名。バス2台に分乗して乗り付けた。
着いた時点で11時40分、あまり時間が無いので速攻に昼飯。そして海へ。
巨大な熊手を持ち、砂浜の砂を探った。
貝には2種類あり、横(円に沿った円周方向)に模様がある茶色の貝と、縦(外周から中心に向かう)に模様がある青っぽいというか黒っぽい色と白色の模様の貝。
これは横しま茶色模様が『ハズレ』で、縦しま黒青が『アタリ』(あさり)である。
前回、『ハズレ貝』(バカ貝というらしい)を大量に獲ってしまった人の体験談を聞いていたので、がんばって「あさり」を探した。(因みに『ハズレ』も佃煮にしたら旨かったらしい)。
意外にとれなくてうろうろしたら、大量に埋まっている場所を教えて貰う(教えてくれたのはギルマスの位置付けの人)。くまでなんか使わなくても手でばりばり取れた。
あと子供達はカニ取りに夢中。簡単にとれるので何十匹も集めた(あとで解放=リリース=逃がしてやった。ワカメも大量に浮遊していた。これは採っても意味ないので投げて遊んだオイ。
小さい魚も居たが全身素早さ書10%が10枚以上貼り付いており捕れず。)

日曜日ということもあり、帰宅は早めに。14:30にバスに乗った。帰宅路は熟睡。18:30すぎに集合場所に到着。
そのあと家に帰ってgdgd(ぐだぐだ)した。
バスは運転しなくてよいので楽かと思ったが、潮干狩り自体が疲れるものだった。腰を下ろす場所が無い=降ろすと海水でぬれてしまう、上半身をかがめて腕を振るう、砂地をくまなく歩き回る、背を伸ばして遊んでいる子供を捜す、等様々な運動要素が加味されていた。ギルマスの目論見か?。
(それとも行き帰りのバスでの飲酒が効いた?)

とにかく疲れて寝てしまう。当然20時の2倍タイムもINせず、エルフ商店も確認せず(あぁいい場所だったが取られただろうな・・・・)。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。