スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高槻jazz street(2013)

高槻JazzStreetが今年も開催されました。
700以上のバンドがあちこちの会場で演奏しまくりなこのイベントですが、
今回、とっても良かったバンドがあったので紹介します。

まず、初日(5/3)の阪急高槻市駅北側噴水広場(住友銀行の横ね)で、16:00から開演していた
Butter Factory
です。
jassstreet01.jpg

ちょっと寒かったし途中で雨が降ってきたけど、盛り上がった。
メンバーは、

でした。

saxの安藤さん上手かったし喋りも面白かった。でも一番かっこよかったのはbassかなぁ!
jassstreet05.jpg

そのあと同じ場所で
三木俊彦(sax)
さんがボーカル引き連れてやってまして、まぁこのsaxのプレイも素晴らしいものでして…

で、2日目(2013/5/4)ですが、
jassstreet02.jpg

その三木俊彦さんが、出てましてベースがその堀内さんなわけです。
事前に調べて、こりゃ行くしかないでしょう!ということで桃園小学校特設?ステージに向かいました。
ちなみにバンド名は、
三木俊彦の3バカアルト
だそうです。なんちゅー・・・まぁ面白いのでイイかな。
jassstreet06.jpg
こちらのメンバーは、


このライブも非常に良かったです。えぇ。広い屋外ステージで聴いている方も演っているほうもかなり気持ち良かったんじゃないでしょうか。

ちなみに三木さんはCDを出されたみたいですね。
あとベースの堀内さんは、WindJammer というJazzというかFusion系のバンドを組まれていて既にCDを3枚も出されてました。
WINDJAMMER(ウインドジャマー) Official Site|Dr.GOTOO!!! Gt.篠原裕 Ba.堀内正隆のインストロックバンド
あのライブのかっこよさがCDにどれだけ詰まっているかが気になりますね。



さいごに、イベント主催側のリンクを・・・
高槻ジャズストリート


jassstreet03.jpg

スポンサーサイト

くおしもーど

わけあって楽器のベース(ギターみたいな格好しているけど、弦が4本とか5本しかなくて、音域としては低い音を受け持っている楽器。んなこと言わなくてもわかる?)の教則本を買うことに。
本屋で適当に買ってきました。
CDも付いてて、練習曲がきけるわけです。
ベースってわりと地味なのですが、ツーファイブとかそーいう音楽的な要素も必要と考えて
少しJazzよりな教則本を買ったのですが、練習曲がモロにジャジーなんですよ。
jazzっぽいからジャジー。

んで枯葉とかがサンプル的に入っているんですけど、超クオリティ高い。
単体の曲で聞いてもまったく遜色の無いレベルの完成度。

この本書いたひとってもしかして凄い人?

って見てみると、須長和広っていう人。

早速ググってみると、

quasimodeってバンドをやっているらしい。

んでもって↓コレがひっかかったわけです。


ちなみに読み方は、 クオシモード らしい。
ん~、かっちょいいですね。

ビデオのとり方もかっこいい(ちなみにこの動画はYouTubeにしか無い。ニコニコにはなかった)。

ラップをやっている人はおそらくメンバーじゃないんだろうね、でも誰?

まぁいいや。

ボーカル有りの別の曲もあります。




とりあえず、アマゾンでポチっとな、としたことはいうまでもありません。
おすすめ。



超絶技巧

この前教えて貰ったのですが、(いろんな意味で凄かったのでご紹介)。


この「H.J.Freaks」さん、女装してベース弾きまくってます。スラップが上手いのなんの。
これこそ超絶技巧ベーシストですよね。
簡単なフレーズだと踊りながら弾いてますし。
他にも色々とアニソンとかボカロ曲をカバー(ベース上乗せとも言う?)してます。



これはマドマギですね。

これは、マクロスですが、メイド姿で掃除しまくっている部屋にあるTVの中で演奏がスタートするという


なかなか面白い演出じゃないか!

というわけで何度見てもベースが上手すぎるH.J.Freaksさんですが、
色々調べてみるとやっぱりプロでした。
ただ、国籍は海を隔てて隣の韓国の方でした。
韓国でフュージョンバンド(フュージョンというのは、シャカタクみたいなの…って言えば判るかしら?
歌手がいなくてメインは楽器によるメロディという形態をとる集合演奏形態)を結成されておられます。

こちらの演奏は、

YouTubeで見ることができます。

ちなみにOrientalExpressは、CDを出しているみたいです。
あと、ヒビコラ。さんのブログによりますと、韓国の様々な楽器のプロが集合して出来たバンドみたいです。
まぁベースと、二胡?と箏?琴が目立って上手いですが…。
ちなみにCDはAmazonでは買えないみたいです。
韓国に行っても買えるかどうかはわからないみたいです(まぁそれだけのために行かないとは思いますが)。

あと、H.J.Freaksさんは、Twitterとかいろいろやってらっしゃるみたいです。

これはホームページ?
H.J.Freaks the bass jockey™ : H.J.Freaksのやってる動画ユニットたち

こちらは、myspace?
OrientalExpressの音楽をまとめて聴けます。
H.J.Freaks | ミュージック(無料)、ツアー日程、写真、動画

あとTwitter。日本語の書き込みもあるのだ!
H.J.Freaks (hjfreaks) on Twitter

それと普通の顔で映っている写真もTwitpicにUpされてますよ!
Twitpic - Share photos and videos on Twitter

あと、OrientalExpressのMP3がダウンロードできるサイトもあります。
relaxmusic: Oriental Express 3 - Vision of the Road (2009)
本当ならば、彼のためにも、OrientalExpressのCDを買えばいいかと思うのですが、売ってないんで、どうしようもないのですよね。

韓国AMAZONとかあるのかな?



ブラジルのPOP-TUNE

最近、USTREAMとか流行ってますよね。

え?ご存じないですか?

ツィッターとかやってませんか?

スティッカムとかを絵描きの人が配信してたりしますが、

USTREAMも同様で、映像を各個人が勝手に放送するのです。

漫画家がペン入れ作業の手元のアップを延々と生放送するUSTREAM番組とかもあります。

音楽関係でいえば、DJプレイを流す人もけっこう居ます。

趣味の合う人であれば、気に入った曲を延々流してくれるので、

自分でプレイリスト作って流しているよりも新鮮さもあってイイ感じです。

ただ、このUSTREAM、個人とかお店とかが片手間にやっていることがあって、常に聞くことは
できないのです。
有名なDOMMUNEとかも、平日の21:00~24:00くらいしかやってないし。

そんな中、いっつもやっているチャンネルがあるのです。

それは、

RADIO ONLINE PIB CURTIBA

っていうんです。

流している音楽は、ちょっと前の80年代風のロック・・・というかポップス?

なんていうか、U2みたいな感じ?

U2だと90年代風?

言葉が英語でもないので何言ってるかさっぱりですが。

場所をよく調べてみると、ブラジルの放送局が、そこで流している音楽を

USTREAMにも常に流しているっぽいです。

だからいつつないでも音楽が流れてます。

ブラジルの音楽だけど、凄く聞きやすい曲が多いです。

あと、やっぱりなじみやすい曲は、ヘビーローテーション入りしているみたいで、
何回もかかります(CDが欲しくなるけど曲名とかさっぱり判らないけど!)

んで、このRADIOですが、USTREAMにつながなくてもLINK一発で聞けることが判明。

そのURLは、

これ(別窓)です。

メディアプレイヤーっぽいのが立ち上がってきて放送流れますので注意してね。

一度聞いてみてください、ブラジルPOPS、けっこういいです。

テレビって

3連休、もう3日目ですね。
春の嵐とか言われていましたが、結局天気も良かったようです(山奥とか山頂とかそういうところは知りませんが。
もしかして関西だけ?天気良かったのって?というかさ~関西って絶対的に雪降る確立低いような。岡山とかで
降っても関西では降らない…やはり都を置きたくなるような土地柄なのでしょうか? -閑話休題-)。

健康的な人は屋外で遊んだのでしょうが、世の中皆が皆外で元気に遊ぶタイプではないと思います。
というかこのブログにたどり着くような人は皆逆のタイプではないかと思いますが。

屋内派の人は、BGM(バックグラウンドミュージック)として音楽をかけっぱなしにすることが多々ある
かと思いますが、最近は、パソコンをプレイヤー代わりにしますよね。
パソコンのなかではiTunesだったりメディアプレイヤーだったり、ニコニコ動画だったりすると
思いますが(ちなみに今日紹介はしませんが、ニコニコ動画で指定したコンテンツを無限に再生し続けるソフト
もあるらしい)、今日はダンスミュージックを延々流す方法?を紹介しましょう。

やり方としては、ブラウザで、下記画面をクリックしてください。
UStream-top.jpg
すると、ちょっと画面が違いますが、緑の字で「LIVE」と左上に描かれた番組枠が表示されます。
カーソルを当てるといちおう何らかの説明文字が出ます。
ここはワールドワイド(地球全体が対象)なので、日本語以外の番組もあるのですが、たまに(というか
夜は多い)日本人がやっている番組もあります。
アニソンメドレーとかね。
一つを適当に選びましょう。まぁ人気のある番組は、「nnn Viewers」などの数字(nnnの部分)
が多いです。今のご時世的には40人以上が見ていればかなりの人気番組となりますかね。
ちなみに、先週ぐらいに「坂本龍一について語ろう」という番組がありましたが、1500人以上が見て
ましたね。さらには本物の坂本龍一氏がTwitter経由で参画したのは、参加者へのハプニングプレゼント
でしたが。坂本龍一氏を知らない小学生とかのお子様は、調べてみてね。

選択すると、
UStream.jpg
こんな感じで放送を受信できます。音も映像も意外になめらかに再生されます。

さて、最初にクリックして頂いたのは実は、「Music→Dance」というジャンルでした。
じつは、「Music」という範囲で表示させれば、ダンス(Dance)音楽ではないジャンルも
表示されます。
音楽というカテゴリで表示するには、下記をクリックしてください。
ustream-explain.jpg
いちおう上記絵には説明を手書きで書いておきましたので、参考に。
さて、サブジャンルの指定方法(Music→Electricとか)についても上の絵にある、
「All」
というのをクリックしてください。
このような選択肢が出ます。
subjanru.jpg
この中で選ぶわけですね。
まぁJ-POP(Jポップ、日本の歌謡曲)とかAnime(アニメソング)は、ジャンルとしてはないので、
それっぽいのから探していくしかないですが、とりあえず「Dance」を選んでおけば、たまにアニソンメドレー
をDJしているひとが見つかります。
ちなみに放送している人は、ウェブカメラ(Webカメラ)をパソコンにつないで放送していますので、
放送している人のパソコンが落ちたりすると突然放送が終わったりします。
また「ご飯食べてくる」等の音声が急に入って、音楽だけが流れる状態になったりするのもリアルです。
けっきょく放送している人もたいていは素人であるので、
見に行っても放送していないこともよくあります。
Danceチャンネルだと女子高生が延々DJやっているチャンネルとかありますが、
夜しかやってませんし、夜中に王将にでかけちゃったりします
(というかそもそも映っているのは後ろ姿なので本当に中身が女子高生なのかどうかは・・・・・・)

ワンルームディスコ

紅白を見て思いましたが、PERFUMEいいですね。

ただ一曲良かったからといって原盤(CD)のアルバムを購入するのも危険な話…。

他の曲がいいかどうかわからないじゃないですか。

そういう時は、YouTubeとかで他の曲を聴いてみるわけですね。

気に入ったらCDを買う事でアーティストに還元もできるわけで(最近は買わない人も多いみたいだけど、
私は買ってますよ…)、そのための手段としてネット動画を活用するのは良い事だと思います。

たとえば、気に入るかどうか、しばらくmp3化して聞き込むという手段もあるわけで、
その場合の手順について、今回は書いてみましょう。

まずはYouTubeで動画を探しましょう。
なるべくYouTubeが良いと思います。
無ければ、ニコニコ動画で探しましょう…ニコニコ動画はユーザに変わってドワンゴが著作権者に著作権料を
払ってくれている?らしく、楽曲が残ってます。

もし
YouTubeに無い、且つ、後述するダウンロードサイトでも対応していない場合
は、
ブラウザと録音ソフトを同時に起動して録音する、という最終手段もあります。

音は良くありませんが、ネットの音楽なんてCDに比べれば全然ダメなので、
録音で十分です。気にしない気にしない(気にする人は、CD買え!ってことで)。

makemp3mosteasiest.jpg
録音中の画面はこんな感じ↑になります。

Audacityというソフトで録音しています。
ブラウザで再生→Audacity等のソフトで録音というのは、音源ボードにより出来たり出来なかったりします。
(必ずしもWindwsパソコンだから出来るわけではない…USB音源ボードなどは出来ないことが多い)

うちの音源ボード(サウンドデバイス)は、
devicesrecordable.jpg
Realtek HighDefinition Audio となっています(マザーボードにチップが載っているタイプの
音源だと思います)。
この録音方法は、パソコンの音を別のパソコンで録音するようなもので、一度音はアナログになっていると
思われます(なのでプロテクトもかからないわけですが…)。
いわば究極のダビング方法ですね(地デジテレビの画面をデジカメで録画するようなもの)。

YouTubeで目的の楽曲を見つけることが出来た場合、このような苦労は不要です(まぁ元々音が良くないので
得られる音はそれほど良くはありませんが)。

YouTubeで目的の動画を見つけたら、以下のダウンロードサイト、

Vid-DL - 動画ダウンロード保存支援ツール
viddl.jpg


とか、
DL-Video 動画をダウンロード&保存
dl-video.jpg


とか
でダウンロードします。ダウンロードするファイルの拡張子は、「*.flv」となります。
FLVファイルは、動画なので、MP3にするには、変換が必要になります。

手順としては、専用ソフトをインストールしてFLVファイルを変換するのが良いと思われます。

専用ソフトには何種類かあります。


一番簡単なのは、
SplitFlv
splitflv.jpg
画像クリックでVECTORの当該ソフトのページにジャンプ

これではないでしょうか?

FLVファイルをドラッグ・ドロップすれば、mp3ができあがるという簡単ソフトです。

たいていはこれで行けるでしょう。

たまに、ダウンロードした動画の拡張子が「mp4」の場合があります。これは高画質な動画に多いのですが、
このときは、別のソフトを使う必要があります。
mp4tomp3というそのものズバリのソフトがあります。
mp4tomp3.jpg
画像クリックでダウンロード先にジャンプ

デフォルトのビットレートが128Kと低いので変更するのを忘れないようにしましょう。

あと、FLVをそのままMP3にすると、余計な無音時間とか聞きたくない声が混ざってしまう場合などは、
一度音声編集してからMP3化したいところ。

この場合は、

FLV→WAV形式→Audacity等で編集→mp3出力


という流れで作業するといいでしょう。
この場合、FLVからWAVに抜き出す作業が必要です(AudacityはMP3作成が出来るので)。

このときは、
えこでこツール
ecodeco.jpg
というソフトを使います
(このソフトは、正規化までは行ってくれるのでとりあえずそれだけでも良いかもしれません。またMP3化も出来ます)。


えこでこツールでwavを作成し、Audacityで読み込んで編集すれば、mp3化して完成となります。

ちなみにSplitFlv等でmp3化に失敗しても、この「えこでこツール」で成功することもあります。
このとき、LAMEエンコードDLLが必要になります。
LAMEの最新版のダウンロード先は、 RareWares というページになります。

ちなみに、FLVから音を抜き出すツールには他に2つほど良さそうなのがありますのでご紹介します。

flvextract.jpg
これはFlvExtractというソフトです。
ソースコードも公開されており、中身は信頼が置けます。
ただ動作的には、AACファイルが生成される場合が多いです。AACだとQuickTimeなどでしか再生できなかった
りします(環境に依存しますが)。

hugflash.jpgこれはHUG FLASHというソフトです。これも好感のもてるソフトですが、一部のFLVでのmp3化は失敗しました。
ただいろいろといじれる(画面は小さいですが、オプション画面とかもちゃんとあります)ので、可能性を持っていると思いますので、紹介します。

flv2avi 1.0
flv2avi.jpgというのがありますが、コレは私のところではエラーが出て使い物になりませんでした。
画面を閉じた瞬間、宣伝用にブラウザを起動してくるような汚いソフトなのでインストールはオススメしません。開発元は中国みたい

最終的に気に入った場合は、なるべくアーティストに還元できるような手段を講じましょうね、皆さん。
じゃないと、誰もアーティストにならない日本になってしまう…。。。。












アニソンの女王

去年の年末の紅白歌合戦ですが、
フェイト・・・いや、水樹奈々さんが出て「深愛」を歌ったのですが、
覚えてますか?

最近の紅白では、良い曲がかかると翌日からCDの売り上げが伸びたりするそうですが、
水樹奈々さんの歌も非常に上手かったので、
CD購入意欲、とまでいかなくてもレンタル意欲が湧いた人も多かったのでは?
私の場合は、ちょっと前に購入していたので、紅白をきっかけにした購入は無いのですが、
それでも「買っておいて良かったなぁ」と思いましたね。

NHKの画面には、「アニソンの女王」と紹介されてました。
私個人的には、実力派だと思っているので、
たまたまアニメの唄を多く歌っているだけではないかと思います。

さて、紅白の唄ですが、
mizukinana-cd-3sets.jpg
手前の「ULTIMATE DIAMOND」に収録されています。

後ろの2枚もいいですけど、お求めの際はお間違えなき様…。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。