スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビアンカ・オーバースタディ

いとうのいぢ様の絵にひかれて、筒井康隆のネームバリューに惹かれて、
ビアンカ・オーバースタディ
を買って読んだのだが、
エグイ、グロイ、エロイ
です。
とくにグロいのに注意。
私は読めないページがありましたよ。
あれはキツい。特に男子。

きをつけてください。

のいぢ先生の可愛い絵に惑わされてはいけません。
あれは筒井康隆という喜寿もそこそこの老獪が振り回す刃物みたいなノベル
だと私は思いましたよと。
スポンサーサイト

この絵師さん誰だろう

トリックスターラブというMMORPGがあります。

遙か昔に少しだけやったことがあります。

斜め上視点の、疑似3Dマップ(実際は2D)で、
もの凄く小さいキャラを動かしていくゲームです。

他に特徴は覚えていません。グラフィックが異様に細かくて大きなディスプレイで高解像度な環境だと
全く迫力とかが感じられませんでした。

だもんで少しだけやって存在すら忘れていましたが、

この前、

ブログ涼子おそるべし?をみてたら、
サイドバーにキャラクターの絵が飾ってあって、とっても可愛かったので
ついクリックしてしまったら、
トリックスター 公式サイトに飛んでしまった、というわけ。

ちなみにどのくらい可愛いかというと、
WS000018.jpg
WS000017.jpg
WS000016.jpg
WS000015.jpg


このような具合ですよ、と。

とくに、この↓プリマドンナは、こころちゃんみたいでとても可愛いですよね。
WS000018.jpg
まぁアイドルという設定だから当然かもしれませんが。

ちなみに絵としてもちゃんと描かれていて好感がもてるというか、絵師GJ!というところですね。

ちなみに、Wikipediaトリックスター (オンラインゲーム) - Wikipediaによれば、

このゲームもやはり韓国で作成されているらしい。
アップデートも相当重ねてきており、じつはトリックスターラブという名称もすでに古いモノとなっており、
いまは、『みみとしっぽの大冒険 トリックスター』(元々の名前)になっている。


鉄道系イラスト

最近、鉄道系のイラストを目にする機会が増えましたね。
鉄道擬人化?!

↓こんなの。


まぁここまで行かなくても、

とか、

とか

とか、

とか、

とか、

とか、
この碓氷峠の絵とか、


いいイラストが多い。

鉄道が好きな君!絵をかいてみよう、ペンタブで。

以下は鉄道擬人化





















夢の東方タッグ編

きんにくまん、って判りますか?
キン肉マン、と書くのが正しいみたいです。
昔の少年ジャンプに連載されていた漫画で、超人と言われる人達がプロレスする漫画です。

私は、格闘技系、全く興味のない人間でして、ルールとかも全然知らないんですが、
周りには、格闘技が好きな人がけっこういます。

なので、「ユーリアルバチャコフの凄さ
とか、
「ミッキーロークの黒歴史、ねこパンチ」
とか、そういう話題だけは知っていたりします。

でもやっぱ肉弾戦は嫌いで(寧ろ高度な情報戦とかが・・・)した。

今回、タイトルになっている「夢の東方タッグ編」ですが、
じつは「格闘技系」です。
正確には「格闘技4コマ漫画!全部Webで読める
ですかね。

PIXIVで「とある人」により、日々更新が重ねられているのですが、
まぁ、パッと見て頂きましょうか。
toho_tag_kinnikuman.jpg
この画像をクリックすれば、1話に飛びます。Pixivアカウントが必要です(無料ですよ)

そうそう、申し遅れていましたが、「東方系」です。

東方って判ります?

韓流アイドルではありませんよ。。。。

東方というのは、

 東方Projectとは、ZUN(通称『神主』)が運営するサークル「上海アリス幻樂団」制作の
弾幕シューティングゲームを中心とする作品群のこと。
東方という略称もあり、pixivで主にタグとして使われているのはこちらである。

(上記は、ピクペディアより引用)>

というものです!。

まぁ、このブログを見に来ている人であれば、大丈夫だとは思いますが、念のため。

上のスクリーンショットの左側に「オレンジゼリー」と書いてありますが、この方が作者です
(正確に言えば、東方Projectという1次創作を土台にオレンジゼリーさんが2次創作をしている)。

いま、469話まであります。

凄いですよね。

ほぼ毎日描いていらっしゃるのではないかと思います。
しかも絵が綺麗なんですよね・・・
仕事とかあるでしょうに・・・

さて、内容ですが、読んでいただければ判りますが、
単なる萌え萌えストーリー」とか想像していたら
オオマチガイ
です。

なんか、登場人物の絵がたまたま女の子ですが、語っている言葉は熱く、
まるでサムライのようです。

ま、東方の設定に関するエピソードやモチベーションなども多々あるので、
その辺の知識を仕入れるために
タブブラウザ必須

ではありますが。

東方について勉強しつつ読む、それだけの価値がある中身があなたを待っています。
萌え絵を拒絶しない人なら是非見て見ましょう
(その前にPixivアカウントが必要か・・・)

icycleorange.jpg
画像クリックでサイトに飛びます


ちなみに上記サイトから行けば、100話程度までは読めますよ!
でも最新は、469ですからね、やっぱこの際Pixivアカウント取ってしまいましょう?。



ちなみに作者のオレンジゼリーさん、
かなりのキン肉マン好き

(褒め言葉のつもり)と見えまして、話の進め方とかかなり「キン肉マン」を意識されているようで、
キン肉マンを「読み込んだ猛者」にしか判らない描き込み
をいろいろを仕込んでおられるようです。
なんか凄いですね。

というか格闘技系のファンの人って、こーいう濃い感じの人がおおいような気がします。
前述のユーリアルバチャコフの件の人も、格闘技系初心者の私に相当語ってくれました。
(もちろん某MBSがもちあげている例の兄弟についてはボロクソ。。。)

奥深い世界のようです。



...続きを読む

現在の速度

え~
今やイラスト(萌え、非萌え、腐、歴、諸々)を愛する人達には、おなじみの
pixiv.jpg
画像クリックでピクシブへ行きます。。。。

piXiV(ピクシヴ)です。

会員になると、↓このようなページが作られます。
まぁ色々あってボカしてますが、そのなかに、
current_speed.jpg
現在の速度
という表記があり、「nnnps(n>0)」という感じで数字がよく変わってます。

これは、イラストSNSなので、以前の私は、
「nnn pictures per second」
だと思ってました。
つまり、「秒間nnn枚のイラストが投稿されている!」
という解釈です。

夜中だと100超えもよくあるので、「1秒間に100枚以上も投稿があるのか~」なんて
簡単に納得していました。
夜中のpixivは、(他のFC2やニコニコ動画と同様に)もの凄く「重い」ので、それが更に誤解を助長する原因の一つでもありました。

今日、ふと思い立って、「本当に、秒間の絵数 なのか?」を調べてみました。

すると

あった!

定義が書いてあったのです。

おぉ!

それはここ↓に書いてあります。
pixiv開発者ブログ:現在の速度について

引用すると・・・・

過去30日間に投稿されたイラストの枚数から、10分間に投稿された
平均を算出し、現在の10分間が平均の投稿数と比べてどのくらいの割合で
イラストが投稿されているのかをわかるようにした数値が○○ppです。


投稿数の平均を100ppという数値で設定しているので
100pp以上でているときは平均以上の投稿数がある時間帯ということがわかります。
ぜひ参考にしてください。


※pp=( pixiv percentage )


#追記
2009年4月1日より、ppはps( pixiv speed )に変更になりました。



ふーむ。

言葉だと判るような判らないような・・・。

おそらく、こんなところだと↓
aboutpixivspeed.jpgクリックで拡大
非常に適当な絵でスイマセン。
赤線が、過去30日間の投稿数の平均値です。
黒線が、実際の投稿数で、時間帯や曜日で投稿数は多かったり少なかったりしています。
平均値が、たとえば200だとして、
現在(正確に言えば、現在時刻より10分前から現在までに投稿された画像の枚数)が
140枚
だとすると、
過去30日間の平均値を100とするということなので、
実際の過去30日間の平均値は、200なので、200を100にするには、2で割りますが
同様に現在の投稿数140を2で割ると70になり、
現在の速度は、70
ということが判りますね。

これは比例の算数なのでもう少しまともな式が考えられると思いますが
(というかそもそもパーセントの計算か)

まぁそこは各自ご自由になさっていただきたい。

で、この「現在の速度」なんですが、説明の通りだとあまり意味のない数字のような気がします。
というのも、「過去30日の平均値」では、
いま投稿数が多いのか少ないのかだけしかわからない
からです。
絵を投稿する人からすれば、大事なのは、
「いま投稿すると、どれくらいの人数が絵を見る可能性があるのか?」
ではないでしょうか?
すると、時間帯毎、曜日毎に「Pixivを見ている人数」が違うので、
それに対する投稿数の割合が欲しいところなのです。
つまり、

見ている人数に対する新規の投稿数

が判る方が良いような気がします。
それも、時間帯別+曜日別で。
プログラミングは若干複雑化しますが、それほどたいした変更ではないでしょう
(もともとのプログラム構造にもよりますが。perlでシコシコ書いたシステムだと
大変かな?連想配列があれば楽勝かもしれませんが、性能維持は大変かも)

その場合の「ps」であれば、
100より多ければ「きょうは普段より投稿が多いなぁ」
100より少なければ「今日は普段より少ない」
という目安が出来る気がします。

さて、これも図解化してみました。
pixivspeed_new.jpg
クリックで拡大


こんな感じです。
100超えてたら「投稿数を控えて、pixiv運営にも負担がかからないようにしよう」
とか出来ると思います(それより、pixivプレミアムに入って!というところかもしれませんが・・・)



おえかき機能

最近、お絵かき機能をもったサイトも珍しくなくなりました。

ちょいとこの辺のタイミングでまとめてみましょう。

まずは、noughts::noughts.jpg


  • 入り口からFlashで出来ている!
  • 新規会員登録は現在できない(有名になりすぎてサーバ能力が不足しているから?)
  • ゲストログインしてお絵かきは出来る(それで描いている人もかなり居る)
  • 絵ができていく仮定が公開される
  • 狼の絵とか卵の絵(3列あるうちの一番右側の列)は、プロセス(絵が出来ていく仮定)を見ると非常に楽しい
  • レイヤーは使えない
  • 色を細かく塗り重ねていく感じ
  • 元祖お絵かきサイト?という噂も。
  • 新規会員登録できないというところですたれてそうなんですが、ゲスト書き込みはかなりあるように思われます(いつも変わっている気が…)


次は、手書きブログ
tegakiblogtop.jpg

ここは有名所かと思います。このサイトが有名になって、Web+お絵かき、の人気が一気に高まった
かと。というわけで利用者も多いココの画面は、どんなのかというと…
tegakiblog.jpg

  • 会員数が多そう。寂しいということはない。
  • レイヤーは無し
  • アップロードも無し(手書きするしかない)
  • パレットは、絵描き時に編集はできない
  • タグは使える
  • 上手い人、多い気が。
  • デッサン力が命?


つぎは、
イラストdeブログ
illustdeblog_top.jpg

なんとなく手書きブログに雰囲気が似ていますかね。
ゲストログインも出来るので、お試しには良いかも…。

で、メイン画面ですが、
illustdeblogmain.jpg

  • 左上のパレットは、絵描き中は消えます。
  • レイヤーは無し
  • アップロードは、下地という形で可能
  • タグは使えない。
  • タイトル必須。
  • コメントを書ける。


次は、はてなダイアリーのお絵かき
hatenaoekaki.jpg

です。
ここは、はてな自体が有名所なので、エディタの説明をば!

  • パレットは自由度高いです。
  • レイヤーが使えます。上下関係も変更可能
  • アップロードは、できないかな。
  • タグについては、はてなフォトライフからできるのではないかな?
  • アンドゥが、Ctrl+Z(普通のお絵かきソフトと同じキー)で出来ます。
  • 線ひくとき、アンチエイリアスとか、なめらか、機能があります(そのせいか、まれにもたつく)

レイヤー機能が嬉しいですな。

まぁレイヤーまで使って描くほど、マジならば、Webサイトを使うのではなく、普通にSAIとかGIMPで
描けばよいのでは?という話ですかね。

さて、まだまだサイトがあるので、続いてご紹介。
FC2oekaki.jpg
当ブログも使っているFC2ですが、お絵かき機能があるのですよ。
どんな画面かというと…
fc2oekakigamen.jpg
こんなのですが、

  • パレットは自由度高いです。
  • レイヤーが使えます。
  • アップロード機能は無い…
  • タグは、、、使えないかな
  • とにかく、線が汚い、、、という印象があります。なめらかにする機能?なのか、
    サイズ可変にするためなのか、線を引いた後、線をシステムが再描画してきますが、その線が
    ぎざぎざになってて見にくいです。
  • 四角とか円を描くツールがありますが、使用頻度低いかも…


次は、『ブロくる』blokuru.jpg
ここのお絵かき機能は、ちょっと前にバージョンアップしていて、かなり強化されてます。
画面をみてみましょうか。
blokuru_editior.jpg


  • 色選択機能は、普通ですが、ここが秀逸なのは、「色使用履歴」があることかな。
  • 当然のようにレイヤー機能を備えていますが、さらにレイヤーの上下関係というか前後関係を変更することもできます。
  • アップロード機能は『読み込み』というボタンがあるから使えるのかな。
  • タグは、、、使えないかな
  • 画面サイズが選べます(数字指定もできたはず)。640×480というサイズを指定してみましたが、線を描いている途中、時々ひっかかるような動作がありました。バックグラウンドで絵をバッファリングしている気がします。
  • トーンと言って、ブラシパターン(ビルトイン)で線を描く機能も、珍しいかも。
  • 結論としてここはかなり凝った作りになってますね。


ブログ系列では、まだあります。

livedoor.jpg
ライブドア!

ホリエモン云々で色々と世間を騒がせた企業ですが、健在のようで、面白いお絵かきツールを
搭載していますね。
早速見てみましょう
livedooreditor.jpg


  • 色は、デフォルトで何色かあり、デフォルト以外の色も選べるようになってます。
  • レイヤーは、当然のようにありますが、2枚までです。
  • 下絵機能(消しゴムで消えないようになっている)があります。アップロード可。
  • タグは、本文(ブログ側)に設定。
  • 画面サイズは決まってます。まぁまぁ大きいので良いのでは?
  • 透明塗り機能があります(下の絵が透ける)
  • ミーハーっぽい画面ですけど、Ctrl+Zが有効だったり、意外としっかりした作り。


さて、最後に、
ninja_top.jpg
忍者ブログさんです。

こちらは、あんまりお絵かきには力を入れてない?
画面はこんな感じ。
ninja_maineditor.jpg

描画サイズが小さいのですよ。

  • 色を選ぶ機能はあるのですが、反応が悪い気がします。
  • レイヤーというような機能はありません。
  • 下絵機能(消しゴムで消えないようになっている)があります。アップロード可。
  • タグは無し
  • 画面サイズは小さすぎ。ちょっと狭い
  • 透明塗り機能があります(下の絵が透ける)
  • あくまでおまけツールという感じ。喜んで使う道具、というイメージからはかけ離れている。


さっき、最後に、と描きましたが、大手プロバイダーを二つ忘れてました。
niftyとBIGLOBEです。
niftyは、ココログ、BIGLOBEはウェブリログというブログサービスをやっています。
BIGLOBEのウェブリログは、お絵かき機能が無いようです(画像をアップロードとかは出来る)。
niftyは、どうでしょうか。
nifty-cocolog.jpg
これがココログのブログ執筆画面
ですが、おえかきボタンを押すと、
cocolog_oekaki.jpg
けっこうよく出来ています。

  • 色は、デフォルト色、あとパレット、さらに色履歴!と完璧
  • レイヤーもあるし、テキスト用レイヤーもあります。漫画意識してる?
  • 下絵機能(消しゴムで消えないようになっている)がありますね、当然。
  • タグは無しですが、お題を選択する機能はついている…お題に沿ったブログ作成だといいのかもね。
  • 画面サイズは、こんなものですかね(選択はできなさげ)
  • 透明塗り機能もあります。
  • ブラシサイズがワンクリックで選択できます。
  • UNDOもCtrl+Zが効きます。


いけてる気がしますね、一番。でもなんか微妙にひっかかる気がするのは気のせい?
うちのPC、クアッドコア、Vista、メモリ2GBなんでそんなに環境的に問題は無いと
思うのですが・・・

総評


お絵かき専門系→手書きブログ
ブログ系→nifty、ブロくる(次点でライブドア)

といったところでしょうか。
お絵かき専門系は、noughtsは、ユーザ登録ができないのでハズして、あとは、イラストdeブログかどうか、ですが、手書きブログは、ブラシサイズをワンクリックで選択できるところが良いかな、と。
色もある程度並んでいるし(対してイラストdeブログは、色は毎回フルカラーパレットから選択)。

ブログ系は、機能を比べたときに、色履歴という便利そうなのがある2つを選びました。前に選択した色をスポイトでとればいいのでしょうが、重ね塗りとかしていると前に選択した色はもう変わってしまっている可能性がありますし…。


ま、とりあえず、お絵かき機能、2009年11月時点での個人的まとめ、でした。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。